3兄弟VSおかん道 修行日記

こどもの心が元気に育ちますように。子育て下手の私でもできた「親業」を取り入れたプライベート育児日記・不定期更新中

10時過ぎ、
三男から、電話がかかってきた。

「あ~おかん、
合格してたで」

特に高揚はしていない、平坦な声。
「おめでとう」と素直に喜びを告げる。


合格発表に行く際、玄関先で
「電話は、出来ないかもしれないよ~」

という。

「なんで?」

「みんな電話してないかもしれないから。」


ブチ!!
あのね~~~
これでも、心配してんねんで~~~~~


高校受験に合格しているか否か、
一応、大事なコトだと思うんだけど、あまりに、テンションがいつも通りな三男に、ちょい不満。


もう少し、ドキドキしようよ!
もう少し、感動しようよ!


ホンマに淡々と生きる三男・・・


親らしいことをしていないのは認めるけど、
一応、心配というか、気にはしております。。。。
何もしないことをする、と、
当然、
何もされていない、と彼は思うわけで。

でもね~~~~~
っと、ちょっと怒りモード。

ま、
しゃーないか。
正直言って、それほど、心配していないし(気にはなるけど)。


でも、やれやれ。






勉強嫌いの三男が、
中三の夏休みに初めて学習塾へ通い出したとき、

「お母さん、英語って、こんなんやったって、初めて知った~~」


と驚いていた。


上記の言葉は、翻訳すると、
中学校での英語の授業が超わかりにくかった、ということ。


彼は、そのことに、とてもとても驚いていた!
英語に対する見方が変わった瞬間。



そして、
少し、勉強することで、成績がアップしていき、
今まで、「あいつ、頭いいよな~」と思っていた級友が、
「アレ?今回のテストは僕の方が点数よかったやん」なんて、

少しずつ、考え方が変わっていく様子が垣間見えた。


母としては、超、面白かった~
やった~
狙い通り!!!!!!



今まで、お尻を叩かなかったのは、この為だと言っても過言ではない!


チョイ、本気を出すと、あっという間に次々に順位を上げていけたマラソンって、楽しいんじゃないかと思うから、
その楽しさを味わえたら、本当は気が進まない勉強だって、楽しくできるんじゃないかと思うから。


何と言っても、
「あれ?僕はホンマはアタマがいいのかな???」って、軽く勘違い(?)してもらうのが、母親の役目!

その為に、なにもしな~い


さて、
三男のステージが変わる。どんな舞台が待っているのかな。

最近、子どもにとって、中学生活は、一番過酷かもしれない、と思う。
よく、がんばりはりました。

高校生活は、ステージがグッと広がる。
彼らしさを、発揮出来たらいいんだけど。
これは、もう、祈るのみ。

静かな朝~




受講生の方に頂いたマグカップで一服。
これまた、頂いたお菓子をおともに。

う~ん幸せ♡


日曜日コースの講座が修了して、すごくホッとしている自分がいる。
フッと見ると、玄関の前に植えているパンジーがカラカラに干からびかけているのに気付いた。

慌てて水をあげながら、目の前にあるのに全然見られていなかったことに気づく。 


目の前にあるのに、全然見ていなかった自分と、
講座が終わり、ああ、私はホッとしているんだな~って
どちらも私。


それ程、のめり込める仕事があるって、とても幸せなことだと思うけど、
フッと周りを見渡した時、あまりにも犠牲になっている部屋(もちろん、汚い)をみると、それを許してくれている家族には感謝しかないな。。。


こんな私でも、まるっと許してくれていること。
まあ、諦めているのかもしれないけど。。

私のいいところも、苦手なところも、すべて丸めての私として、ここにいるわけだから、もう自分を責めたりはしないけど、


こんな、
一つの講座が修了した後の時間に、ふっと我に戻ったりする。


講座は全8回。
8週間の講座中、ず~~~っと講座の事や受講生さんの事を考えていたりしている。


色んな人がいる。
なんかしっくりとしていない人がいるときは、自分の指導力を振り返る。
適切なコトバは選べているか?
進め方はどうか?


頭が、パンパンになってくる。

でも、考えている。

私が話す話は、そのほとんどが親業講座に関係することだと、家族は知っている。




ああ、私は本当にこの講座が大好きなんだろうな。


人と人が深く触れ合い、癒し合い、育ちあう瞬間!
こんな快感、一度味わったら、もう、他のどんな楽しみの比ではない悦び!


ああ、
知っちゃったもんな~
本当に豊かな世界。


もう、いいかげん諦めよう。
汚い部屋でも諦めよう。


私は本当は、全く気になっていないのだ。
っていうか、目に入っていない。


そして、この部屋でも、誰も何も言わない。


実は、問題なしなんだな~

雑然とした空間の中で、幸せに浸りきる。



いままで、「親業生活」inひょうご でブログを書いてきましたが、
このたび、個人的なことは、新しいブログで書くことにしました。

親業のことも、
親業以外のことも
子どもに関することも、
私個人のこともも

今まで以上に、自由に
思いのまま、感じたまま
書き綴っていきたいと思います。

このブログには、
わたしが日々育んできた
本当にリアルな毎日があります。
大切な宝物です。

この思い出を元にしながら、
その時はわからなかったこと、
今だからわかること 
ちゃんと整理して、
親業を超えて、親業の事を記事にしていきます。

長男(小6)がまだ小さくて、わたしが 親業 を知らなかった頃、
わたしは、"よい子育て"をしたいと思い、たくさんの育児書を読んでいました。
 
ほめまくって、育てました。

よく使った言葉は、”天才!!”
実際、長男は好奇心が旺盛で、いろんな想像力を働かせて遊びました。
わたしにとって、ウソの言葉ではありません。
プラレールを 部屋一杯に並べたときも、
レゴブロックで 飛行機を作った時も、
「お兄ちゃんってすごいねえ~。天才やね~。」

そのうち、わたしの評価をとても気にする長男の姿に気づきました。
まるでわたしに褒められるために 作っているようなのです。

”お母さんに褒められたい。”
わたしの評価をとても気にしているように映るのです。

自分の世界の中で生き生きと遊んでいた子どもが、親の目を気にする子どもになっていました。

褒められなければ、不安なのでしょうか。
愛されていない気がするのでしょうか。

わたしは自分の好きな道をどんどん切り開いてほしかっただけなのですが

褒めるって、
劇薬になるんですよね。

効き過ぎるから、とても注意が必要です。


大切な子どもを一人前に育てる・・・そのための親の勉強をしませんか?自己流の手探りの子育てでは不安が一杯・・・そんなママのための、子育てコミュニケーションを学ぶ講座です。子育てを通じて自分も成長したいと願うママにピッタリの講座です。

”親業”を学んで、本当に良かったな、と思うのは
子どもの”自尊感情”を傷つけない接し方が出来るところです。

勉強が出来るのに、頑張り屋さんなのに
なんとなく自信がなくて
「どうせボクなんて・・・」
と思っている子どもが増えています。
両親の目や他人の目、評価がとても気になるようです。

”自尊感情”とは、自分の事を大切な存在だと思える気持ち。
プライドとは少し違います。
自己評価、自己肯定感とか、セルフエステュームとも言われています。

この”自尊感情”を下げないための接し方を
理論的に(なぜこの方法が良いのか)
具体的に(どのような時に、言ったり、聞いたりしたらよいのか)
学ぶので、自信をもって子どもに使うことができます。

また、時間とともに、子どもとの信頼関係が増していくことを感じることができ、それが新しい自信になっていった気がします。

親業 では 子どもとの関係を、

”今、目の前にいる子どもの行動を、私がイヤと思っているか、イヤと思っていないか”

これをもとに考えます。
これがベース。つまり 自分が基準 ということです。
そして、イヤ か イヤでない か分ける線を"受容線"といっています。

受容線が高い・・つまり イヤだ と思うことが多い。

これでもOK

問題は、自分が自分で思っている受容線と、実際の受容線がずれることです。

私が子育ての勉強をしているのは、きっと私の中に"理想の母親像"があるからで、
そんな"理想の母親"になりたいんだろうな~
母親像に縛られている自分に気づきます。

そうなると・・ずれてくるんですよ、受容線。

受容線を正しく引くことは  本当の自分に向き合うこと。
親業講座の はじめに行うこの行為でも、さまざまな気づきがあります。
そして 本当の自分を知ることは、私にとって 永遠のテーマです。

自分が何のために生まれてきたのか、
知りたくて、
知りたくて、

どうしたらいいのか
何を考えていたらいいのか
わからなくて、

苦しかった。

傷みの記憶。

痛かった記憶。

でも、
それだけじゃないはず。

愛された記憶を思い出そう。

苦しみの記憶の何倍も愛されていたはず。

固くなったこころを緩めるのは、愛。

溶かしてあげる。

今度は、わたしが。
もう大丈夫。
強くなれたから。

長男が2歳の時、
ドイツ式子どもの体操教室ができて、
木の道具が情緒の発達に良さそうで、ステキ
月謝は高かったんだけど、がんばって通わせていました。

教育にはムチャムチャ興味があったのです。

他にも、七田式、鈴木メゾット、スイミング、など
出来るだけ多くの機会を与えてあげたいと 思いましたが、
金銭的理由により断念。

それから、

うちのような、フツーのサラリーマン家庭でも
どう考えたら、
どう育てたら、
うちの子の隠れた(?)才能を伸ばしてあげられるか

考えておりました。

<よくある育児書>
”子どもの才能は親が伸ばすもの”
”その為には、色々試してあげましょう”

うーん、厳しい

長男が5歳の時に、わたしは”ゴードンメゾット”を習いました。

それで、気がついたんです。

本当に才能のある子は
音楽であれ、
体操・球技であれ、
お絵かきであれ、
天才レベルの子は”別格”であるはず。

そんなレベルなら、日々の遊びでもわかるはずやん

ちょっと才能があるくらいなレベルなら、
伸びしろは”やる気”と”環境”で決まると思うけど、
”環境”は庶民では限界あるし、
”やる気”は他人がコントロールできまへん。

・・・

うちの子は、
特筆する才能はなさそうだし、

まっいいか

その後も、
超フツーの 長男は
超フツーの 小学生生活を送りました。

そして
長男が中学生になった時、
「ボク、卓球部に入る」
野球部に入ると思い込んでたわたしはビックリ

彼は自分の好きな事を
自分で見つけてきました。

その後、
部活の練習に飽き足らなくなった長男は、
友達のツテで、地域の卓球クラブに参加しました。

そこで、更なる出会いあり
かつて国体に参加した程の実力者がいたのです
その方に卓球の指導してもらった時は、本当に嬉しそうに帰ってきました。

高校生になった今、
卓球部イチの 実力ある 先輩との出会い、
先輩の通う クラブチームの練習に 参加。

一日12時間の練習の翌日、
「筋肉痛だ~」と、これまた、嬉しそうに話すのです・・・・

そう。
自分で進化しているのです

生活環境や交友範囲が広がるたびに、

自分で、
やりたいことの道をつなげていく様を
見せてもらってきました。

なんだ~そういうことか
親は何もしないでも、よかったんや。

この世の中は
全部繋がっているんや。
自分が周りの人に、どうかかわるかで
まったく違うものにやるんや。

それならば、

親は、自分の”固定概念”をなるべく子どもに与えずに、
こころを”自由”にして
人間関係を円滑にする術 を身に付けておけば
興味のある事柄について、
その子のアンテナが反応する。

あとは、その子が自分で手繰り寄せる。

ゴードンメゾットで育った子は
相手のこころを”裏読み”しないでスナオ。

だから、人が繋がっていく。
周りの大人も、喜んで教えてくれるんですよね。

才能は自分で見つけてくる
その子の運命の糸を信じよう!

この事実がわかってから、
わたしは子どもの世界を信じて子育てすることが
無理なくできるようになりました。

わたしたち、おかんの仕事は
子どもに寄り添って、
子どものダイアモンド・マインド=自尊感情を
いつもピカピカに磨いてあげることでいいんとちゃうかな。

どの子も成長したい欲求を持っているから、
そっちに注目したほうが、おかんもゼッタイに楽なんだけどな~

修学旅行出発の朝、
弁当を作っている最中に、
「名前シールない?」
と、聞いてくる二男(中3)。


ホンマに「のん気クン」がピッタリ



水筒に名前が書いてなかったことに
気づいたようで、

その後、
ビニールテープを貼り付けて、油性マジックで
名前を書いていた。


「行ってらっしゃい」


やれやれ・・・。

送り出したあと、
机の上においてある封筒を見て、ドキッ 
お金、入ったままやん 

修学旅行の土産代と、最終日の昼食代。

持っていないんや・・・あいつ!

 

子どものことって、
ホンマに一瞬、
頭が真っ白になる。

ムッチャ困った、泣きそうな顔が出てきて、
キュー ってなる。

学校に連絡しようか・・

それから、少しだけ冷静になって、
所持金を予測する。
確か、少しは持っている(はず)。

友達に借りるか?
先生に借りるか?

お金が足りなかったら、どうなる?

土産なし?

全然いい。

昼食が貧相?

自業自得。

・・・というわけで、
これまた、勝手に心配だけさせられる・・という
結果になりました。

その後、
他の用意も出来ていないのではないかと、
急に心配になってきて、
ムッチャ そわそわしてしもた。

あ~ もう 
用意できているか、チェックしなあかんの?
もう中3やで~

でも、わたしには、
やっぱり、ムツカシイ数学の問題を解ける頭より、
自分の持ち物をそろえる能力の方が、ずっと大切。

忘れ物をした体験が、忘れ物を減らす知恵を鍛える!

「もう、同じパンツはいてても、死なへんし」
「最悪、ノーパンでもいいし」
「海水パンツ忘れても、パンツで誤魔化すやろし」

色々考えて、気持ちは落ち着きました。
3日間、心配させてもらいましょ。

うちは、今
長男 高2
二男 中3
三男 中1
夫 サラリーマン

男の子三人の5人家族です。

ちなみに お米の消費量は、一ヶ月30キロです。

家は 築20年の 鉄骨系一戸建て。

一階の和室のふすまは、
表面が ペロッとめくれ、
ほどなく 貫通。

夫が 修繕してくれたんやけど、
手作り感満載の跡が残ってる。 

障子の桟は 折れて、
こちらも、夫が たこ糸を巻きつけて修理。

障子紙は、毎年 張替え。
いつも ”強度3倍” のものを使っていたな。
張替え後、2時間で破られた記録があるよ。

ほとんどは 夏休み期間中に破れ始め、
穴に貼る ”桜” で 満開に。

リビングの扉は、
ガチャガチャの部分が 何度も壊れ、
締りが 悪いときがある。

ドアについている
ストッパーの部分の 板が 外れ、
(幾多の衝撃のため)
夫が 釘でうちつけた。

2階の壁は、径15センチくらいの 穴があいてるの。
これは、長男が ”でんぐりがえり” をした時に、
かかとが 壁に当たって、穴ぼこがあいたらしい。

・・・・

ツギハギだらけ 

子どもの 成長と ともに、
家はどんどん ”犯されて” いく~
ボロボロになって いくたびに、
正直、涙が出そうに なりました。

なんで、穴があいてるの?

シクシク
かわいそうなおうち。

玄関から入って 一番目立つ ドアに、
なんで、釘が 打ち付けられてるの?

わたしが シクシク 泣いていても、
わたし以外の、4人の ♂ たちは、
楽しそうに テレビを観て カバカバ 笑ってたりするのです。

はあ~?
トホホ・・・

すると、夫は、こんなことを言い出しました。

「小さい時、障子をグーで破って、その穴に ボールを通しながら
 兄貴とキャッチボールしてたで~」

   

ええ?
信じられへん~

そんなもんなの?

恐るべし 男兄弟。

こんな風に、わたしの許容量は
否応ナシに、徐々に 広げられてん。

今では
そんな些細な ”キズ” よりも、
大きな ”ホコリ” をなんとかせい!!
と、自分につっこみながらも、

動かない。

なんとまあ、大きな器になりました。

↑このページのトップヘ