2014年02月13日

幸せを意識してはいけない

ブルーです。

原因は、長男(高1)と、お弁当のことで、
正確には、毎日、食べ終わった弁当箱が出されてなくて、
そのことで、ちょっとあって・・・・。

今、頭を冷やしているところです。

子どもと喧嘩すると、本当に気持ちが悪いですね。
ムカムカします。

早く、元の通り、穏やかに会話できるようになりたい。
これが今、わたしが一番望んでいることなんです。

だから、私は結局どうしたいんだろう・・・なんて、
考えています。

大体、
前回のブログで、
「幸せです~」なんて書いちゃったからかなあ?なんて
思っています。

だって、今までもそうだったの。

「このごろ、子どもたちとムッチャいい感じ~」
なんて、平穏な日常が続いていると意識した途端、
なぜか、子どもたちとちょっとしたバトルがあるんですよねえ~

なんでだろう?

油断しちゃうのかな?

とにかく、またしても
証明されてしまいました。
幸せは、あまり意識しないほうがいいようです。
わたしの場合。

育児生活の教訓。

何とな~く、可もなく、不可もなく、過ごしていて、
「そういえば、最近大きな声を出していないな。」
って、気がついたくらいに思えるのが、いいんでしょうね。

そんなものかな?
うん。そんなもん、そんなもん。

毎日子どもは成長しているし、
変わっていってるし、
とどまっていない。

親の役割も必要性も変わっている。

子どもの目まぐるしい変化に、ついていくのがやっと。

いやいや、ついていけてないんだあ~

そもそも、子どもについていけると思っている方が
おこがましいんだろうな。

はあ~

子育てミッションの最終目的は、
わたしが”不要”になることです。

いや~ん
じゃあ、ちゃんと育っているのね・・・。

もう、喜んでおこっ

日々、修行です。

oyagyo70z at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子育ていろいろ事件 | 長男

2014年02月02日

かけがえのない関係をつくり幸せになる!

ひさびさの更新です。

ブログではいつも、子どもたちへの悶々とした気持ちを書くことが多いのですが、
実はわたし、とっても幸せです。

そして、こんなにスッキリ幸せでいられることに
自分でも驚いているのです。

とにかく家が大好き。

正確には家族が大好き。

子どもたちと一緒にいるのが、大好き。

話しを聞くのが大好き。

我が家は夫と私と、子ども3人の5人家族。
長男高1、二男中2、三男小6。
皆、それぞれの環境の中で、一生懸命生きています。

「もう、この子達は、人間関係の悩みに巻き込まれることがないな。」

こう思えたのは、いつだったでしょうか。
ある時、フッと、確信したんです。
この子は大丈夫だって。

それから、もう、子育てのイライラが激減したんです。

わたしが子育てに「親業」を取り入れて、11年。
途中、2回の”挫折”を経験。
その後、「100%実践はムリでも、60%でOKとしよう」、とボチボチ再開。

毎日、ごはんを作る度
「お母さんは子どもが3人もいて、大変やねんで~」
「なんで私ばっかり毎日毎日ごはんを作らないといけないんだろう~」
こんな事を考えている、不機嫌な母親でした。

「こんなこと、親だったら当然のことだろう」、とわかっていても、
機嫌は良くならない。
モヤモヤ。イライラ。
止まらない。

本当に、稚拙な母親でした。

わたしを癒してくれたのは、
わたしの”言葉”から導かれた、子どもたちの反応です。

親業の法則に従って発した”言葉”は、
子どもたちに届き、
そして、反応が返ってきました。わたしを気遣う反応です。

自分のこと、
ダメな母親だって、”ダメだし”していたのは
実は、わたし自身・・・?

”言葉”の中に
確実に愛情が届いて、

返ってくる。

こころが通じるって、こういうことなのかな?
わたしの”言葉”に
一生懸命、知恵を絞って考えて、反応してくれる子どもがいる。

どんなわたしも、受け入れてくれている。
愛してくれている。

嬉しい。愛おしい。

絡まったココロが、すこしずつ解けていって、
少しずつだけど、
わたしはもっと素直になって、
気持ちを表現できるようになりました。

人の幸せって、人格を磨くとか、修行するとかじゃないんだ。
”関係性”なんだって、すごく思いました。

大切な人と、
かけがえの無い関係を築く。
まるごと。
そのままで。

本当に、幸せになります。
ステキな方法です。

もう、うちの子どもたちは、
自分で自分の周りに”関係性”を作り始めています。

目の前の人にしっかりと向き合って、
尊重しながら、影響を与えれる。

そんな”妙技”を身に付けている我が子たち。
わたしは、毎日
子どもたちから、そんな話を聞かせてもらいながら、
後でこっそり ほくそ笑んでいるんです。

oyagyo70z at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新しい子育ての方法 | 気持ちよく暮らす為に

2014年01月18日

寝坊したけど普通の朝でした。

うちの夫は自動車の販売会社に勤めてます。
なので、土日は仕事。平日が休み。

平日が休みだと、子どもの学校行事に休みが重なったりして、
良いことも多いけど
でも私は、いつも、何となく、”年中無休”を感じているのよね。

だって、朝寝坊できない・・・。

今日は土曜日。

夫のみ出勤する日。夫は自分で朝食をとってくれるから、ラクチン!
子どもたちは起きてこないから、静かな朝。
夫のお弁当をチャっチャと作って、朝の任務終了!
洗濯機は、洗い残しのものがないように、子どもが起きてからにしよう。

夫が家を出て、コーヒーを飲んでいたら、
三男(小6)と、長男(高1)が起きてきた。
へえ~今日はめずらしく早い長男!そういえば今日は中学に行くって言ってたな。

あれ?二男(中2)は?

そこで初めて、二男がまだ起きてきてないことに気づいたの~
ちょっと!!そういえば今日は部活に行くって言ってたよね。
わあ~もう開始時間過ぎてるヤン

わあっどうしよう!二男のことなのに焦る!

そして言い訳を考える。「えー起こしてって頼まれてないし・・・(わたし悪くないよね)」

昨日の二男との会話が頭に出てくる。
「クラブの顧問の先生から部員の遅刻が多いから、副部長として解決策を考えてくるように言われた」・・・なんて言ってたな。
「あんたも遅刻してるやん」と言ったら、
「ボクは5分、もっと遅れてくるヤツもいる。30分も。」
「5分と30分じゃ遅刻の程度が違うと思ってるのね。」って言っておいた。

最近二男は就寝時間が遅い。
塾に行き始めてから、生活時間がメチャメチャ。
気になってたんだ。だから、いい機会よ。遅刻するのは本人の問題よね(そうそう、わたし悪くないよね)。

・・・・なんて、気づいて起こしてあげなかった自分に、一杯言い訳を捜している。
母親として、どうなん?
自分で自分を責めてる。
二男のことが全く頭に入ってなかったこと。

だから、自分で自分を防衛してる・・・?

やっぱり気になってるんだ。わたし。

イヤイヤ、本当は、二男に責めらるんじゃないかと、心配なんだ。

「もっと早く起こしてよ~」って二男に言われるんじゃないかと思って、
そしたら、自分が傷ついて、「あんたが悪いんや」って二男を傷つけてしまいそうで、
ここは便利な三男。「お兄ちゃん起こしてきて」ってお願いしちゃった。

わたしは、できるだけ、素知らぬ顔でいることにしよう。

二男は首をかしげながら、「あれ?なんでこの時間まで寝てしもうたんやろ??」
自分の睡眠状態を不思議に思う様子で起きてきた。

わたしは責められなかった。セーフ!
飄々と朝ごはんを食べて、予定より一時間遅く登校して行った。

明日からの遅刻対策は、きっと自分で考えるでしょう。

実はわたしは
「お母さんは起こしません」宣言をしているの。
にこやかに起こしてあげられないから。

だけど、今、わかったんだけど、
今朝、わたしが自分で一番後ろめたかったのは、

二男のことが抜け落ちていたこと。

これだよね~

だから、自分を責めちゃうのよね。
このことを防衛するために、頭の中で一杯言い訳を考えていたんです。
責められると、とっさに反応しちゃうよね。わたしは悪くないよって。

いいお母さんでいたいんだろうなあ~ わたし。

でもね、二男はわたしを責めなかった。
自分で自分の問題を引き受けて、出て行ったよ。

結局、わたし以外の人は、みんな普通の朝でした。
わたしも、一応知らん顔していたので、
きっと我が家は、いつもと変わらぬ普通の朝。

わたしの考え方のクセが
またひとつ、ちょっと緩みました。

親業で、ココロの整理をして、
とっさに言ってしまう言葉のクセを直したら、
いつもと違う景色が見えてきます。

イヤイヤ、普通の朝ですけど。

oyagyo70z at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子育ていろいろ事件 | 二男

2014年01月17日

お母さん、そんなわけないやろ~

先日、朝の登校班に遅れそうな三男(小6)に言ってしまった 一言。
学校に遅れそうな息子たちに対して、いつもはあんまり ヤイヤイ言わないのだけど、
その日はなんだか、私も落ち着かずに、つい言ってしまったのだあ~

私 「もう~ 早くしーよー」

三男 「・・・・」(探し物をしている)

私  「登校班の人たち、待たせちゃうよ。」

三男 「・・・・」(焦ってる様子)

私 「待たせても平気なの?」

三男 「そんなわけ、ないやん!」

あまりに自然に三男の口から出てきたセリフに、軽くビックリ!
何とも哀しげな、腹立たしげな口調。

「お母さん、待たせても平気なわけ、ないことなんて、
 言わなくても、わかってるやろ。
 わかってることを言わんとって」って、
逆に諭されたような気もする。
まあ、優しい三男はそこまで言わなかったけど。

私 「そうやんね。いいわけ、ないよね。」

ゴメン、ゴメン。
ちょっとだけフォローしておこうっと。

つい、問題を取り上げてしまった自分に苦笑しつつ、
母親にちゃんと言い返してくれる三男にニンマリ

ちょっとくらい言い過ぎても、
壊れない”こころの架け橋”がかかるのだぁ~

「親業」でメンタルを強く!
巻き込まない、巻き込まれない子を育てよう!

oyagyo70z at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子育ていろいろ事件 | 三男

2013年12月13日

ズボラ母、長男に家事を頼む

毎日毎日、弁当を作るのは面倒くさい。
母親だからしょうがない。しょうがないけど面倒くさい。
ああ、怠け者のわたし・・・と思いながら、
長男(高1)に頼んじゃおうかな?

「明日、お弁当入れて欲しかったら、お米をセットして寝てね」
長男に言い残して、昨夜、さっさと寝てしまうことにした。
特に具合が悪かったわけではない。

期待は半分。長男は多分イヤだろうな。母親の仕事?いいやん、タマには(心のつぶやき)。
(でも「イヤ」とも言っていないし・・・)

今朝、少し早めに起きる。
やっぱりお米は炊き上がっていなくて、あわててお米をセットして、最速炊き上げコースのボタンを押した。
頼んだわたしが悪いよね~。

だけど、ちょっと言ってみよう。
「今朝、お米が炊けてなかったよ。」
長男は寝ぼけ顔だったけど、ちゃんと思い出してくれて、「ごめん」って言ってくれた。

何だかちょっとだけ気持ちが晴れた。

oyagyo70z at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子育ていろいろ事件 | 長男

2013年12月09日

いじめ、不登校から子どもを守ろう!

いじめ、不登校に巻き込まれないタフな子を育てたい!
わたしはずっとそう思って子育てをしてきました。

精神的にタフ!
ムダに争ったり、威張ったりしない。
かといって
大人し過ぎるとか、コトなかれ主義でもない。

みんながそれぞれイキイキとしていて、
比べたり、ひがんだりしない。

ひとり一人がそんな子どもに育ったら、
いじめなんか、無くなると思う。
だって、いじめる必要がないんだもの!

ありのままの自分に自信を持って、自分に満足すると、
もっと素直になって、他人との相互作用が働いて、刺激を受けて、どんどんアイデアが出て可能性が開かれて、楽しい人生になる!

そんな子育て。いいなあ~

だからわたしは、親業ゴードンメゾットをすすめたい。
暮らしの中に取り入れて、ちょっとした言い方を少しずつでも変えてほしい。

わたしも、わたしの母も、まんまと引っかかっていた、
”こどものために~”という厄介な”賢母願望”と
”ありのまま全部を受容”という子育ての落とし穴に、陥らないために。

ほとんどのお母さんが無意識的に使っている、”効果の薄い言い方(本当はほとんど逆効果になっている)”に気づいてもらうために。

やる気を潰さない。
思いやりを育てる。

お母さんなら簡単にそれが出来ます。

oyagyo70z at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新しい子育ての方法 

2013年12月06日

スマホがなければじっとしていられない子になってませんか?

子どもの困った行動を、”それは困った行動なんだよ”と教えずに、
他のもので補おうとするお母さんが増えているように思います。

補われるのは、手っ取り早い、ゲームやスマートフォンでしょうか。
大人たちの多く集まる場所に連れてこられた子どもは、
ほとんどみんな、ゲームをしています。

地域の会議、レストラン、電車の中、プラットホーム、
確かに静かです。

でも、それが無ければじっとしていられない子どもなのかと思うと
ちょっと残念に思います。

ある小学校の先生から
今の子どもは、じっとできない。
じっと字を読むこともできない、だから、文章題を読めない。
と聞いて驚きました。

別の学習塾の先生も、
集中力の無い子が多い。ゲームでは集中しているように見えるけれど、
画面はずっと動いている。だから、自分の意識からの能動的な集中ではなくて、受身的な作業しかできない。

と言っていて、そうかと納得。

すべてに受け身。
これでは楽しくないのになあ~。
子どももちゃんと教えてあげれば、じっとできるようになる。
静かに落ち着いて考えられるようになるのになあ~。

もっと子どもの能力を信じてあげようよ!
初めに大人が向き合って、ちゃんと教えてあげないとダメだけど、
キチンと話すと絶対に通じるのだ。
そして、相手に配慮することを覚え、それができる自分にテンションが上がる!

気持ちが通い合う瞬間の気持ちよさ!!

ゲームをクリアした時と、どっちが楽しいんだろうな?

(「ゲーム」と言われそうで、怖い。)
確かに子どもをじっとさせることは、簡単ではありませんし、それが必要かどうかと言われれば、それぞれの家庭の価値観によるものと思います。

でも、お母さんの向き合い方で、子どもだってちゃんとできるようになる。気持ちが通じる。
これは是非みなさんにお伝えしたいと思っています。

oyagyo70z at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新しい子育ての方法 

2013年11月30日

いつもいつでもやさしくて

今日は奈良少年刑務所で更生教育の講師をされている
寮美千子さんの講演会に行ってきました。

少年たちの書いた詩の中に、とても印象的なものかありました。

「いつも いつでも やさしくて」

ぼくが泣いて帰ってきたときも
怪我をして帰ってきたときも

いつも いつでも やさしくて

ぼくがはじめてウルセーって言ったときも
初めて学校で問題を起こしたときも

いつも いつでも やさしくて

ぼくが落ち込んでいるときも
反抗したときも

いつも いつでも やさしくて

そんなやさしい母さんだから
ぼくもやさしくしようっていう気持ちになる

でも ぼくのなかには「俺」がいて
そんな「俺」は時々
なにかに当たり散らして
ブツかって生きたかったんだ
でも

あなたは いつも いつでも やさしくて

だから本気で ブツかれなくて
だから本気で わがまま言えなくて
だから本気で さびしくで

やさしさで包んでくれる母の愛

ぼくはしあわせだけど
その「愛」が「やさしさ」が
ぼくのなかの「俺」を不自由にする

「俺」を母さんのまえで自由にして
本気で手足をバタバタさせたい
いつも いつでも

でも 少しも母さんに迷惑かけたくないんだ
そう そのやさしさの前では

いつも いつでも やさしくて
 (「空が青いから白を選んだのです 奈良少年刑務所詩集」:寮美千子編 新潮文庫より)

やさしさが真綿のように人のこころを締め付けることがあります・・・と寮さんのコメントが入ります。
少年の、母親を苦しめたくない気持ちと、本当の自分を愛して欲しい、認めて欲しいと叫んでいる気持ちが葛藤しているさまが、とても苦しくなります。

少年は、母親にもっと爆発して欲しかったがために、
本当の自分を見せないことに苛立ちながら問題行動を起こしたのかなと、つい考えてしまいます。
淋しくて、淋しくて、最後まで行ってしまった。

愛情がホンモノかどうか試してみたくなる・・・愛情に確信が持てない人はよくやります。
わたしも経験があります。

oyagyo70z at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 講座・講演・説明会 

2013年11月29日

子を成長させるのは、目に見える”信頼”と”尊重”

昨日は親業一般講座の第7回目。
ゴーゾンメゾットの醍醐味である、「第三法」と言われる手法を使って、2人の間に起こった”対立”を解決していくプロセスを実際に体験する。

ここでの一番のポイントは、自分の中に”譲れないもの=欲求”を確認することなんだ。
何を大切にしたいか?
何を望んでいるか?

子どもと親に対立が起こるのは、お互いの”譲れないもの=欲求”を守るために必死になるから。
何とかして守ろうとして、あれこれ、いっぱい考える。

そうなのだ。子どもにとって親は”自分の大切なもの”を奪いにかかる、敵になるんだ。
大切なものを奪われそうになると、誰でも必死で守りたくなるもの。
親だって、子どもに”自分の大切なものを”いっぱい奪われているかもしれない。
だから、争ってしまう。

相手にとって”本当に大切なもの”は奪わない。そこは絶対に尊重する。
その大原則があると、話は変わってくる。
奪われないのなら、必死で守らなくてもいい。

本音で話す。すると思っても見なかった相手の気持ちに気づく。
これをしたいんだ。こんなことで困っていたんだ。
「これはあなたにとっては譲れないものなのね。」この一言で状況が変わる。

こうなると、お互いの譲れないものをどちらも守るのは、思っているより簡単だったりする。
だって、本当は親は子が大好きだし、
子だって親が大好き!力になりたいと思っているんだ!!

2人にとって一番いい解決策というのは、存在する。
おまけに一人で自分を守らなくても、相手も自分を十分に大切に思ってくれているとわかり、
結構ジーンとくる。うれしい。
こころの相互作用によって、子は驚くほど成長する。
子を成長させるのは、目に見える”信頼”と”尊重”。
第三法はスグレモノです!

oyagyo70z at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 講座第7回目 

2013年11月27日

困っている人は誰か?そこから考える正当な依存

家の壁づたいに隣の寝室まで響く目覚まし時計の音で、わたしは毎朝起こされる。
長男(高1)が、朝早めに起きて犬の散歩をしよう、としてセットしたものなのか、
二男(中2)が、クラブの朝練に行くための余裕のある朝を目指そう、としてセットしたものなのか、
2人の目覚まし時計の音を聞き分けていない私にはわからないけど、
どちらかのものであることは確か。
そしてどちらも全く意味がないことも確か。

いつも彼らは急いでいる。

徒歩通学の長男は、最近家を出る時間が遅くなった。
以前より10分は遅い。

リビングの壁時計で、まず学校の登校時刻に目をやる。そこから我が家から学校までの所要時間を差し引いた時刻に目をやる。分針がそれに迫っている。
「今、7時45分」
「大丈夫?」「急がないと遅刻よ」と言う代わりに、時刻のみを伝えることにしている。

時間がどんどん経っていく。今日はヤバそうだ。「車で送ってやろうか?」あせる息子の姿を目の前にして、もし夫がここにいたら絶対に言っているセリフ。どうしようかな?言ってあげようかな?

言わないことにする。

その代わり、彼が何か言ってきても、非難がましいことを何も言わないで、黙って車を出してあげよう。
声がうわずらないように、心の中で”にこにこYES”の準備。

「もう、あんたって子は~早くしないからよ!しょうがないわねえ~」
私は、このセリフは極力言わないことに決めている。だって、私は絶対に送っていくわけで、
そんな場合、”いやいやYES”より”にこにこYES”の方がはるかに子どもの自立に対して効果的なのだ。

”お母さんがいてくれて助かったな~”と、純粋に思ってもらうほうが、後々絶対に”得”
「子どもの問題」と思うなら、わたしが怒る必要はない。
甘やかさないけど、いざと言う時に頼める関係。
親業では、自立するために必要な「正当な依存」。自分から「送って」と頼む行為も大切なんだ。

「正当な依存」で、母親の車に乗った長男は、進路のことで母親から話を聞かされる。
文系か理系か、進む道を決める選択。先日の定期考査で、自分の高校生活最高点をとった物理を捨て、文系に進むという彼に、不安いっぱいの母親。

彼の説明ではその点数は山が当たった”マグレ”だったらしいが、ちょっとの勉強で点数が上がるのは基礎が入っているからで、授業が超つまらないのはわかるけど、せっかくの得意分野で勝負しないのはもったいない。
そんな話をすると、
「非難されてるみたい」と一言。
「・・・・・・」
コンサルタントはムツカシイ。彼を信じていればもちろん任せてあげられるのだろう。
最終的には、それでいいんだ。でも、言っておきたいことがあるような気がする。
言いたいことを言わずにいて後悔しないように、そして結局伝えたいことは何なのか?わたしは考える必要がある。
これは「私の問題」だ。

oyagyo70z at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)