2009年10月

2009年10月31日

11月の講座

今日で10月はお終い。

日にちがどんどん過ぎて
この調子だと、年末なんてあっという間にきそうです

そういえば、お歳暮の案内パンフがもう届いたり
お年玉つき年賀状が発売になったようで
。。。。。
(あのぉ、まだ暑いんですけど

新型インフルエンザに気を配りながら
11月に姫路で新しい講座を開きます。

**********************
     
    【自己実現のための人間関係講座】

  ◆開講日時:11月13日 (金) 9時~12時

  ◆会   場:姫路市立飾磨図書館 3階 会議室

  ◇隔週金曜日 7回

  ◇参加費:¥42000

**********************

興味のある方、メールにてお問い合わせ下さい。



oyakomu at 19:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 講座・講演・説明会 

2009年10月30日

ちゃんと言ってくれないとわからない

小学2年生のとき、
わたしは 家出騒ぎを 起こしたことがあります。

夜になっても 宿題ができていなかったことを 父親に叱られ、
「出て行け~~」
家を追い出されました。

それで しばらくは 玄関の前に いたのですが、
寒くなってきたので、困ったなぁと思い、近くのお地蔵さんの隅っこに移動。
そこなら風が吹き付けません。

・・・家中、大騒ぎになりました。

最近、2つ年上の姉と、当時の話をする機会がありました。
その時 姉は、追い出されそうなわたしのそばで、
「早くお父さんにあやまって~~~」 と、ヤキモキしていたそうです。

「宿題をやらないヤツは、出て行け~~」 が 姉には
「これからちゃんと宿題をやります、と言え~~」
と聞こえるそうです。

父の本心がわかるらしいのです。

すっご~~~いお姉ちゃん!
さすが。

わたしには、「出て行け」 は 「出て行け」 としか 聞こえません。
「大変だ、出て行かなくっちゃ~」 と思うのです。

そんなこと、小学生のわたしには 難しすぎます。
ちゃんと言ってくれないと、わからないよう~~。

想いがあっても 何か噛み合わないような、
そんなもどかしさをいつも感じていました。
(ちーまま)


oyagyo70z at 22:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 伝え方のヒント 

2009年10月29日

宿題バトル、それぞれの解決法

やっちゃいました・・・
ついに、昨夜午後8時半すぎ。
またまた宿題を済ませていない三男(小2)と、カードゲームに誘い一緒にやっていた長男(小6)を相手に大爆発。はっきり言って、暴れました

強制的に”環境改善”。環境から除くぞ~っ
”わたしの宿敵”であるカードゲームを、すべて預からせてもらうことにしました。
共犯者も同罪。二男(小4)も。

「みんなが宿題をやったら返してあげる。寝る前にまた預かるわ。
とりあえず三日間。それでいい?」
「いいよ」
・・・・・・・・・
「お母さん、宿題やったから、カード返して。」(二男)
「まだダメよ。三男がまだだもの。だってお母さんの目的は、三男に宿題をさせた091029_1940~01[1]いことだもの。あんたたちの宿題はおまけ」
シェーーーーーーー(シェーのポーズ)

(← 三男が自分で書いてリビングのドアに貼った張り紙。昨夜の大爆発の後)




「宿題」に関しては、みなさんそれぞれに色々と感じることがあるかと思います。

わたしのことを、今までよく我慢したなあ~ と思われる方、
わたしよりも、気のなが~~い方。
宿題なんて放っておいたらいいのよ、と思われる方
どうして学校から帰ってすぐにやらせないの? と思われる方。

皆、それぞれ性格、タイプ、感情が違います。
そして、さまざまに感情は変化します。
優しいタイプの親
厳しいタイプの親
感情が豊かなタイプの親
穏やかでどっしり構えたタイプの親

どのタイプがいいとか、悪いとかではなく
自分の性格にあった子育てをする、
その方がずっと楽しいし、
自分らしい子育てと言えるのではないでしょうか。

大切なことは、親が欠点のある一人の人間として、透明なわかり易い存在になることです。

大丈夫
親がわかり易い存在になると、子どもたちは、その豊かな想像力をたくましく働かせて、ワガママな親に柔軟に対応してくれるものです。
(ちーまま)



oyagyo70z at 20:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 子育ていろいろ事件 

2009年10月26日

続・宿題が出来ない2年生

休み明けの今日、三男(小2)は結局、宿題をやらずに学校へ行った。

宿題をやっていないことは、わかっていた。
「宿題やったの?」と聞くと、
「ドッキーーーー」
胸に両手をあて、目を上向きの三日月形にして、茶化して言うことを、最近彼は覚えた。

二男(小4)も 宿題を やってそうになかったので、朝、三人(長男も)でやるのかなあ~、なんて思っていた。

しかし・・・。
今日、三男は遠足だったのです。昨夜9時に告げられました。19日付けのプリントとともに。(要弁当)

おまけにランドセルの底から、給食当番のエプロンまで出てきました。(要洗濯)

絶句・・・・・・・・・

慌てて、リュックサックや 敷物の用意をしている 三男のそばで、
なんて言ったか わたしは覚えていない。

「もう寝なさい~~~っ」と 叫んだ記憶はある。

そして今朝
弁当用のお米を研ぎながら、わたしは三男に対してどう出るか、考えていた。

初心にかえって、わたしメッセージ?(親業の伝え方)
”客観的事実”、”わたしへの影響”、”わたしの感情”の3つを 的確に伝えるのが効果的だ。

「宿題をして行かないと、アホになるんちゃうかと心配やわぁ~」
ちょっと違う。

「宿題をしてこないですねって、先生に言われると思うと、恥ずかしくて、懇談会に行きたくないなあ」
このセリフは既に伝えている。

わたしにあまり影響がないので、わたしメッセージが弱い。
第3法(親業の問題解決法)で、”夕食を食べた後に宿題をやる”と決めたが、これも効果なし。兄弟の影響が強すぎる。三男は二人の兄それぞれにとって、格好の”ヒマつぶし”相手である。
兄弟みんなで第3法をやってみようか。
「お母さんはこの子が宿題ができなくて、困っているのよ」
うーん、これもちょっと違うかな?

”わたしは何がイヤなのか。”

お弁当の卵焼きを焼きながら、あれこれ考える。
”宿題をやらなくて勉強が遅れる”、と思っているわけではない。
忘れ物が多いと、担任の先生に わたし自身が怒られはしない。(多分)

そうだ
「あんたは、”やるときはやる男”やって思っていたのに、悲しいわ。」
(ブログ「宿題スイッチを入れるとき」を参照してください)

これだ!これしかない!!
それから 手を組んで 天井を向いて こう言ってみよう!
「どうかこの子が 宿題が ちゃんとできる子に なりますように~~」
(そちろん 彼に 聞こえるように。)

しばらくして、三男が起きてきた。
「お母さん、弁当つくってくれた?」

弁当が作られているか、かなり心配した様子。
とりあえず 反省モード。
宿題には目もくれず、黙々と遠足の支度をする(多分それが正解)

わたしも 結局 あまり話さず、
弁当と 水筒と お手拭きを テーブルの上に置きました。

(つづく)んだろうなぁ~~しばらくは・・。

(ちーまま) 



oyagyo70z at 10:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 子育ていろいろ事件 

2009年10月25日

気になる駄菓子の”おいしい味”

おはようございます。ちーままです。

昨日わたしはバザーのお手伝いで、9時すぎから3時頃まで家を空けていました。

子どもたちは留守番。
こんな時のために、インスタントラーメンぐらいはそれぞれ作れるようにしています。(昨日は気が向いたので、3人のごはんを用意しておきました。)

さて、帰ってきたら、家中、おかしの空き袋だらけ・・。

先日ブログで紹介した秋祭りの時に 子どもたちに 各休憩所でふるまわれたおかしが てんこ盛り~

そして、皆、カラダに悪そうなものばかりなのです

子どもが小さい時は、濃~い化学調味料の味と 舌が真っ赤に染まる添加物が とても気になって、食べさせるのに 抵抗ありました。

おにぎりせんべい、かっぱえびせん、ポテトチップス、じゃがりこ は許容範囲。

キャベツ太郎、コーンポタージュ、蒲焼くん、うまい棒、サワーペーパー、チキンヌードル、ポテトフライ、あとプチプチ口の中ではじけるものとか・・。
うーーーーーーーーーーーーーーーーーん

夜中によく 夫婦で食べてたっけ。
(ビールのアテになる

三男(小2)はアトピー性皮膚炎です。
インスタントものや 添加物満載の食べ物は とくに気になります。
祭りの翌日は、かきむしり傷が 多くなっていました。

本人に注意しているし、本人もわかっていると思うのだけど、
禁止にはしていません。

ただ、
「かゆくなるんじゃないかと思うと、心配だわ」
「おかしの食べすぎで、晩ご飯が食べられなくなるのは、困るな」
「(おいしい夕食を)作る気はなくなるね~」

とは言っています。

まあ、食べ物についても 以前ほど 気にならなくなりました。

おやつを食べても、晩ご飯は たらふく食べますし、
”ほんだし”の鍋より、ちゃんと だしをとった鍋のほうが おいしいと言います。

わたしが普段、ちゃんとご飯を作っていたら それでよい、とまあ、
こういうことでしょうな。

はあい



oyagyo70z at 07:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 伝え方のヒント