3兄弟VSおかん道 修行日記

こどもの心が元気に育ちますように。子育て下手の私でもできた「親業」を取り入れたプライベート育児日記・不定期更新中

2009年11月

秋の3連休、いかがお過ごしでしょうか?

我が家では 何だか”兄弟喧嘩”が はやっていて、わたしは イライラムードです。

小6(長男)と小4(二男)の喧嘩は、日々迫力を増していくようで、スリリング。
両者 力が強くなっているので、どちらも必死です。
(わたしももちろん、かなりハラハラしている)

で、なんか疲れた 連休三日目の今朝ーーーーー

「はい、どれにする?」
紙に家事を書き連ねて みんなに協力してもらう事にしました。
これで、わたしのイライラが 少し減ります。

・食器洗い(朝)
・ 〃   (昼)
・ 〃   (夜)
・洗濯物干し
・ 〃  とりこみ
・ 〃  たたみ
・風呂掃除
・夕食づくり手伝い
・部屋の片付け

「9こあるから一人3つづつーーー
「ボクは食器洗いアサやる」
「じゃあ、ボクは昼」

みんなにじゃんけんする様に促しましたが、話し合いで あっさり決まってしまいました。

では、よろしくお願いします。

喧嘩は昨日で満足したかな?
まだやりたりない?

願わくば、今日一日 平和に暮らせますように
(ちーまま)






土 ・ 日曜は 朝6時より ランニングをしている 我が家の三人の子どもたち。
コーチ 隣の おじさんです。(主人の兄)

6月頃から 始まった 早朝ランニング。
最近、わたしは もっぱら 布団の中から 「いってらっしゃい~」

目覚まし 時計を セットして、
15分前に 起き、
弟たちを 起こす、お兄ちゃん(長男小6)。

パジャマを 着替えて、
やかんの お茶を ペットボトルに移し、 ウエストポーチに 入れ
まだ 起きてこない 三男(小2)を 起こしに 布団へ 行き、
「おい、起きろよ!」

二男(小4)を さっさと 着替えるよう 諭し、
なかなか おきない三男を、どうしようかと 困りながら 揺り動かし、

オカンの 「今日は この子(三男)は 休みにして」
を 聞くと、
しょうがないなあ~ という顔で 家を出ていきました。
(しょうがないのは、弟?それともオカン?)

6時集合。
おじさんに 三男欠席の 旨と、
欠席届け (要提出になっている) の ない理由も 説明してくれている お兄ちゃん。

あんたは エライ
(ちーまま)


子どもを三人授かったので、どうしたら兄弟がずっと仲良くできるかを
真剣に考えたことがあります。(かなりヒマ人だった)

初めての子どもはパパもママも独占状態。そこに加わる第二子とは?
はっきり言って、大切なものを半分奪った邪魔者としか言いようがないでしょう。

100%の愛情がいきなり50%半額
次の邪魔者が来ると、33.3%になっちゃう

いわば、第一子:本妻
第二子:第二夫人
第三子:愛人・・・というところでしょうか

みんなで一つ屋根の下、暮らさなくてはなりません。
昼メロ並みのドロドロ劇になること間違いなし?

この三人が奇跡的に仲良くするには、やはり本妻が仕切っていくしかないでしょう。
”お渡り”は、くれぐれも不公平なく。
愛人はやはり一番寵愛を受け勝ちになります。何より若くてかわいい。
しかし所詮愛人です。前に出すぎず、分をわきまえ、どんなときも本妻と第二夫人を立てなくてはいけません。
三人のいさかいに入るのはよろしくありません。
みんな自分が一番愛されたいと思っています。愛情の奪い合いが表面化したら、きっと凶器ざたになるでしょう。
常に本妻を大切に。そうしたらちゃんと本妻らしく妻たちを束ねて主人のために尽くしてくれるでしょう。
反対に本妻をないがしろにしたら、第二夫人や愛人は嫉妬でイジワルされるかもしれません。

・・・というわけで、
こんなことを考えながら、三兄弟を育てたものです。
結果?
上々ですよ

(みなさんが参考にされても責任は負いかねます。あしからず)
(ちーまま)

一回目、学級閉鎖で中止
二回目、台風18号で中止
三回目、雨降りで中止

で、半ばあきらめていた京都行き。
今日、やっと行ってきました
お天気にも恵まれ、美しい紅葉の下、晩秋の京都散策を
のんびり楽しむことが出来ました。

実はね、中止が続いたので、台風や雨降りに強行することも考えました。

でもーーーーーー、
無理して行かなくても、ちゃんと行かせてもらえました
待っていれば、時期が来る、ということでしょうか。
まるで一番良い時期を待っていたかのようです
感謝!

今朝は登校時に 子どもたちにわたしの外出を再確認。
「学校から帰ったら、宿題をしておきなさいね~。」
ダメもとで三男(小2)に言っておきました。

帰宅時、子どもたちは不在。
近所の友だちの家に 遊びに行っていたようです。

宿題は済んでいました。

へえ~すごっ!!予防のわたしメッセージのおかげ
違うか。昨日のお土産効果かな

単に カード(宿題をしないと遊べないことになっている)を友だちの家に
もって行きたからだったみたい
そう・・
まっいいか

明日は下校時には家にいて、「おかえり」と言ってあげられそうです。
(ちーまま)

冷たい雨が一日中降って
急に秋が深まりそうです。

今日は兵庫のインストラクター会議があって、
三宮で ありのママ さんと、会ってきました。

昨日は着付け教室。(長男の卒業式に向けて準備!着れたらイイナ~)
今日はブロック会議。
明日は京都に紅葉狩り。(10月からずっと延期になっていたもの)

「お母さんの今週の予定はこの通りです。」
子どもたちには出来るだけ、予定を告げています。
子どもの下校時間に帰宅が間に合わないときは特に。

「誰と行くの?」「何しに?」
「何時に帰ってくるの?」
「お土産買ってきてね~」

色々と質問が飛びますが、目的や意思もちゃんと話すようにしています。
すると、子どもは子どもなりに”わたし”を理解してくれるようです。
(親業では”予防のわたしメッセージ”と呼んでいます)

お土産は買ったり、買わなかったり、色々。気分次第。
お土産なしでは留守番できない子になって欲しくない、結果は後でついてくるもの、と子どもに思わせたいので・・・・(←タテマエ)
(ホントはただのケチ

今日は三宮そごうで、ちょうどケーニヒス・クローネの販売時間だったので、買って帰りました。

家に着くと、長男(小6)が塾の宿題中。
温かい紅茶を淹れて、サクサクのクローネを二人で頂きました。

うふっっ幸せな時間

我が家では、お土産はあったらより Happy になるし、なくても大丈夫なので~す。(ブーイングが聞こえてきそう・・・
(ちーまま)

↑このページのトップヘ