3兄弟VSおかん道 修行日記

こどもの心が元気に育ちますように。子育て下手の私でもできた「親業」を取り入れたプライベート育児日記・不定期更新中

2010年10月

久々に 学生時代の友人と主人と深夜近くまで談笑、いや、やり込められる私。

そもそもの発端は、約束を破るひとりの友人への苛立ちから始まっているのだが、
いつの間にか、尖閣諸島の問題へ、共産主義の問題、国際法、国連問題、明治維新へと、話がいき、ついには「おまえは受験で何を勉強した?!」ときました。

ひゃ~ 受験勉強って45年も前やん?!。約半世紀でしょと開き直りでもあるけれど、
7時間にわたる語らいの中に、コミュニケーションを阻む型がぎっしりと盛り込まれ、凹むは凹む状態

確かに社会事情、真剣に考察することをやめてしまっているだけに、対等に話せない。情けないけれど アホやんか 私と。
翌日 知恵熱ならぬ発熱、笑い話ですが、ホントに出てしまった次第

脳内活性 脳内活性リハビリの刺激 強烈なり。

勉強しよっと                (ポコば~ば)

運動会 シーズンですね
近所では、中学校、小学校が終わり、明日 幼稚園の 運動会があります。

最近、「早く走れるようになるための家庭教師」 というものがあるそうですね。

テレビで 紹介されてるのを、何度か 観ました。
走り方が 下手な子どもが、数時間の 特訓を 受けると、
早く 走れるように なってきます。

「へえ~ こんなのあるんや・・ プロが教えると、走り方も 変わるなあ~」

そう 思いながら、テレビを 観ていました。

腕を 大きく振り、前傾姿勢を 保ち、
早く 走れるようになった 小学3年生の 子ども。
タイムが 1秒も 伸びています。

「すご~い

本人も 喜んでいるのですが、
それよりも、お母さんが 嬉しそうです。
何倍も、何倍も。

「この子は、お母さんが 喜ぶから 走っているのかな?」

そう 思わずに いられません。

子ども本人が、早く 走りたいと 思っているのか、
親が、走りの遅い 我が子の姿を 見るのが イヤ なのか、

本当は どちらなのでしょう?
(ちーまま)

秋晴れの もと、体育大会も 終わり、
今日から 長男(中1)の 2学期の 中間試験が はじまりました。
試験1週間前から、クラブ活動が 休止になり、試験に臨みます。

息子の中学では、”テスト勉強予定表” なるものを 作成するようです。

試験範囲と 学習時間の 計画、そして 毎日実績を 記入し、
担任の チェック欄が あります。

さて、無意味な 計画表は、紙の 無駄遣い??
遂行されることなく ついに 迎えた
試験前夜

「教科書を 学校に 置いたままやった~」

「ェ・・・・・・・・ッ」

なかなかの 大物です。

わたしと 夫は、
自分たちが 中学1年の 頃、
試験勉強など ほとんど しなかった時の事を、必死で 思い出し
余計な一言を、言わないよう、言わないよう
けん制  し合っていたのですが。

子どもの 問題。
しかしながら、子どもの 無頓着ぶりに、一瞬 たじろいで しまいました

さてさて、どうなることやら
(ちーまま)

10月は講演会シーズンです。今月から来月にかけて沖縄、舞鶴、大阪市内など講演会で多くの方とお会いできます。兵庫の仲間4人での親業30周年記念講演会も3ヶ所開きます。
自己肯定観のない子どもが多いと教育現場から聞きます。
どうしたら自己肯定できるかということです。毎日の生活の中にそれはあります。毎日の生活の中で否定的に言わないことです。例えば「ドア閉めなさい。ダメでしょう開けてきたら。」ではなく「ドアが開いていると風が入ってきて寒いわ」これだけです。こういわれると自己嫌悪観は持ちにくいのです。あなたも実行してみてください。肯定観のない子はやる気も出ません。

「親業生活。」のブログが始まってから

ちょうど1年が経ちました

ばんざーい!!バンザーーイ!!!


立ち寄って下さった方
そして、殆どの日記を書いてくれた
ちーままさん

感無量でございまーーす

「ブログを読むのが楽しみ~。」「参考になります。」
という声に励まされ
私達、兵庫の親業インストラクターは
これからも頑張って活動を続けていきます。

今後共、宜しくお願いします。

とり合えず祝杯

(ありのママ)

 

 

 

↑このページのトップヘ