3兄弟VSおかん道 修行日記

こどもの心が元気に育ちますように。子育て下手の私でもできた「親業」を取り入れたプライベート育児日記・不定期更新中

2012年06月

時の流れは早いもの
『親業生活。』inひょうご のブログ を
配信し始めて、本日でナント!ナント!!
1000日を迎えました〜

これもひとえに
ちーままさんの投稿のお陰。

日常のそのままの姿を
飾らない言葉で綴って下さり
今では、ちーまま家のお子さん達のことを
わが身内のようにも感じている私。

こんなにも長く続けて
文章を書くって
そんじょそこらの才能ではありません
(内々のことを褒めて恐縮ですが)

嬉しいことに、訪問者の数も
どんどん増えて来ています

“親業”
を一人でも多くの方に届けたい
 その想いは、こらからも
強く熱く 続きますので
どうかこれからも宜しくお願いします


明日で、二男の 中学校生活 初めての テストが 終わる。

「あ~あ、テスト、いやや~」
一週間前までは、二男は まじめに テスト勉強を しているように見えた。

それが、間際になって、なんだか疲れてきた様子で
うろうろ~、そわそわ~。
「テスト 早く 終わらないかな・・・」

ん?まだ はじまってないやん!

テスト勉強を 兼ねた 各教科の 課題をこなしながら、
その合間、めずらしく リビングで 昼寝を している。

「テストって いつまで あるンやろう・・」
そら、いつまでもやわ。人生 ずーっと 勉強やで。

なんだか、気分的に やられている カンジ。
ちょっと 話を することにする。

二男は 友達との 会話の中で、
「夜中の 1時まで 勉強している」、とか
「10時間 勉強した」、とか
そんな ”ALL勉強漬け” の生活に、相当な プレッシャーを 感じていたようで、
それだけで、しんどくなってしまったようだ。

何も やらないうちから 疲れている。

能動的な フィードバックを 交えながら、
テストに対する話を 色々とする。

少しは 気が ラクに なっただろうか。

あれ?? ラクに なりすぎた?

あと一日を残しながら、ソファに寝転がって テレビを 観ている二男。
あと一日よ。頑張って!!

そういえば、長男が中1の時は、テスト中でも本を読んでいたっけ。
(もちろん、テストに関係のない本)
あれっ、長男は中3になっても、やっぱり本を読んでいます・・・
おーい!受験生!頑張れ~!!

テストがあけたら、夏の大会が始まります。

昨年から、小学校の 学校評議員をしている事もあって、
校長先生と 親しく お話ができる 立場にある。

民生委員・主任児童委員になって、これも2年目。
なんとか、皆に 認知されるようになってきた(と思う)。

そうは言っても、まだまだ若輩者(自分では若いと思っている)だし、
年配の方に 囲まれる中で、相手への礼節は 特に気をつけるようにしている。

校長先生は、人懐っこいお人柄で、
話も 合うし、
話をしていると ついつい、饒舌になってしまい、
後で 「しゃべりすぎたかな?」 と思うこともしばしば・・。

校長先生は しきりに、コミュニケーションの 大切さを 話される。
「教師たちに アイメッセージの 指導もしている」 と言う。
子どもの指導に、アイメッセージは 欠かせない。
コミュニケーションと聞いて、わたしも 黙っていられない!

そう、わたし、コミュニケーションの勉強をしているんですよ!!!(こころの叫び)

校長先生に 「教師学」 の本を読んでもらいたい。

でも、「これ、いいから読んでください」と、”押し売り” ならぬ ”押し貸し” することは、
「この本 あなたは、知らないでしょう」 とか
「あなたには これが足りていないから、読んだ方がいいですよ」 という
隠れたメッセージを 伝えてしまう。

目上の方に 本をオススメすることは、相手にとって とても失礼なことだと
わたしは 思っている。

うーん・・でも、やっぱり 読んでもらいたい!

「先生、本は お好きですか?」 と持ち出して、
「先生に こんなこと、大変失礼だと思ったのですが、 実は、コミュニケーションを 大切にされている先生に  是非 読んでいただきたい本があって・・・」

恐縮しながら カバンから 本を取り出す。教師学の実績などは 少しだけ しっかりした声で、あとは 多少 遠慮勝ちに話していたら、
そこは、やっぱ 校長先生
「是非 貸してください。」
と 笑顔で 言って下さった。

やったあ
きっと、目を通してくださっている!
パラパラとめくるだけでも、ゴードン博士のメッセージに釘付けになるに違いない
あー勇気を 持ててよかったあ

高い”志” を持っている人と 話すのが 好きだ。
とっても いい気持ちに なる。
わたしの中の ”志” と リンクするところがあるのか、
背筋が伸びて、呼び覚まされる感覚が ある。
それが好き。
それって、伝染していくのかな?

土曜の 学校開放事業の お手伝いで、
今日、わたしは 子どもたちの ”一日師匠” となった。

師匠といっても、資格なしで 構わないと スタッフさんに 言われていたので、
まあ、一緒に 楽しめればいいかなあと、
気軽な 気持ちで 引き受けた。
昔、かじった パステル画を 皆で描くことにした。

何人 来るか わからないし、
1年から6年まで、どんな会に なるのやら・・・

わたしは、教員免許も 何も 持っていないので、
たくさんの子どもたちに 何かを教えることも、初めて。

だけど、多分 子どもたちが 何とかしてくれるやろう・・

と思っていたら、
ホントに 何とかなりました

思い思いに、パステルを滑らせて、
素晴しい感性
集中力

疲れたけど、やってよかったあ~

心がけたことは、ただひとつ
楽しむこと!

3時間、大人よりも すぐに 自分の世界に 入って 集中できる子どもたち
出来上がった作品も、それぞれ 個性に満ちて
素晴しい!!

絵は、贅沢な遊びです。
こころの 余裕がないと、描けません
結局、わたしは 一枚も 描けませんでした。


「わたくしは 自分の価値観で 生きています。
 いろいろなことを 言われているのは 知っていますけれども、
 それによって わたくしの 価値観や 生き方を
 変えるつもりは ありません。たとえ、そのことによって
 誰からも 好かれないとしても、かまわないのです。」

   叶 恭子~知のジュエリー12ヶ月 理論社より

テレビでお馴染みの、あの 叶 恭子さん。
もちろん、ファンでは ありません。
古本市場を ふらっと散策中、たまたま手にした 彼女の本。
どんなことを書く人なんだろう・・・興味本位で 表紙をめくり
飛び込んできたのが、冒頭の言葉です。

な、なんと強い・・・

自分自身に対する 揺るがぬ姿勢、潔さ、覚悟に強く惹かれ、そのままレジへ。

すごい、根性すわってるう~
短い言葉で、生き方そのものを 語っていて、
なかなかステキだなと、素直に思う。

偶然の出会いで、その人への 見方が 変わってしまうこともあるんだな・・

長い間、依存的に生きていた わたしには、強い人は憧れです。

↑このページのトップヘ