3兄弟VSおかん道 修行日記

こどもの心が元気に育ちますように。子育て下手の私でもできた「親業」を取り入れたプライベート育児日記・不定期更新中

2014年04月

わたし、時々、無性に落ち込みます。

よい人間関係を築くために必要な
率直な感想とか、素朴な意見が
相手と反対の場合、

それを口にするのに相当覚悟が要ります

友達に胸のうちを話すときは、
とてもタイミングを見計らって、最新の注意を払って、
相手がイヤに思わないように・・・・
ムッチャ、気を遣います。

それって、どうなんだろう?

まあ、大分上手くなりましたが、
反論されるのではないかと、つい身構えてしまう自分がいます。

反論されるのが 怖いのです。
責められる様に感じて、傷つきます。

わたしは、自分の率直な意見を言うことも、
持つことさえも、
禁止されて育ちました。

泣くことも、ダメです。
感情を持ってはいけないのです。
だから、持っていることを隠さなければならない。

今でも聞くことの方が得意です。
自分が責められるリスクがないから、安心できるのだと思います。

こんなこと言ったら
こんなことしたら

いったいどう思われるのだろう?

嫌われるのが怖いのです。

こんな私にとって、
子どもは
私を無条件に愛してくれている、
かけがえのない存在です。

どんな私でも、彼らは私を見捨てないのです。

私が自分自身を責める時も、
子どもは私を責めません。

私のことを実に心配そうに気遣ってくれて、
そっと、責めずに、
回復するのを待ってくれています。

この点で、私は本当に自信があります。

彼らに受容され、
夫にも受容され、
愛されている自信はある。

その事を気づけた。
まあよくここまで成長できたと思います。

親業には
本当に感謝しています。

昨夜、三男の通う学習塾の先生から、突然電話がかかってきた。


「今日、塾に来ていませんでしたけど、何がおありでしたが?」

えええ?
午後から出かけたから、当然行っていると思い込んでいたのでびっくり!
どうしたんだろう?さぼり?イヤになった?
うーん・・・

三男はその時、卓球クラブに行っていて 不在。
取りあえず、わたしが宿題をとりに行き、先生と話した。

「最近、宿題が出ていません。お母さん見てくださっていますか?」

えええ?それも知らなかった。

塾の先生は、親が勉強にかかわることの大切さを私に力説。
でも、話は長引く。
母親にカミナリを落とされて、子どものやる気を失ってしまうのが 怖いみたいだ。
わたしが三男にどんな風に言うか、気になるようだったので、
「大丈夫ですよ。任せてください。」と言ってみた。
そしたら少しだけ安心そうな顔をしたのだけど、まだ話は続いた。
それがまずかったのかなあ?
(「私の対応が気になるんですね」、と言えばよかった・・?)

うちに帰ると三男が帰っていた。

さあ、何て言おうか?

取りあえず、何も言わずにじっ~と見た。
宿題を持って、仁王立ち。
怖そうな顔をしている母親をみて、三男はすぐに事情を察し、反省モード。

わたしは最初、三男が塾に行くために「行ってきます」と言ったと思い込んでいたから、
だから、まずはそこを確認。

「なんで行かなかったの?」

この質問をすると、普通、事態は最悪になる。
だから、注意が必要だ。
過去にも、何度もこの「問題解決に全く意味をなさない」言葉を使ったために、
状況は最悪になり、無駄な時間を過ごした。

忘れていただけだとわかった時点で、ひっこめるべきなのよね。

だけど、やっぱり気になって
言っちゃう! 

「なんで?????」

でも、これは本当に子どもを追い詰める。

それは、子どもに「なんで?」に答えるだけの理由がないからだ。
単に忘れていただけ。

だから「なんで?」と聞かれると、「ありのまま」の自分を否定されてしまう。
そして、「なんでだろう???」と、自分に問いかける。
子どもの頭は答えの出ない問いかけで、無限ループに陥り、グルグルと周り続けて消耗する。
そして、
「自分が悪いから」という答えを導きざるを得なくなる。

とっても危険な言葉。

逆効果は言葉は他にもある。
塾のたまった宿題も、
「どうするの?」
よりも、
「いつするの?」
の方が、多分ずっーと、いいと思う。
「どうするの?」と言っても、きっとどう言っていいのかわからない。目の前の母親は怒っているし、
自分も悪かったと思っている。 「どうするって言っても・・・」

宿題をするのが前提だったら、「いつするの?」の方が答えやすい。

昨夜の我が家の場合では、

「明日中に全部やってね~」という事にしておきました。
これでOK。本人も納得。ついでに来月の目標も提示!エヘヘ

子どもには、理由なんてなくても、”やっちまったこと”、はたくさんあって、
それにぐずぐずと怒っても、逆効果!

反省させなきゃ と思って母親が頑張っても、本当に労力のムダ~

それよりも、やるべきこと”を指図してオワリにした方が、ずっといいのです。
これは、問題なし領域で、本人も自分のミスを認めているとき。

そして三男は、先ほど「全部終わったよ~」と宿題終了の報告をしてきましたよ~

この4月に三男が中学生になり、新しい生活。やっと少し落ち着きました。
長男は高校2年生、
二男は中学3年生になりました。

もう、私の子育ても残りわずか・・・
私的には、あと3年かな、と思います。

高校生になった長男は、本当にもう”対等”で、
精神的に”母親”を必要としていない。
その事実に戸惑って、入学当初は、淋しさでいっぱいでした。

「もう、心配もできないんだな~」

心配しても、逆効果になるばかり。トホホ。

あれから一年。
今ではすっかり落ち着いて、長男とは気心の知れた友達同士のような関係です。
最近は、食べ終わったお弁当箱も、その日のうちに出してくれるようになりました。

「ティッシュ取ってもらっていい?」

長男は、モノを頼む時、こんな風に言います。

ホンマ、上手です。計算済みなんだよね~

親業を使って子育てをすると、精神的な成長が早い気がします。
少なくとも、わたしはこんな風に、親を上手に使えなかった。
いつまでも、見えない親の気配を気にして、自分の行動を規制していた。
それがすっかりなくなっているのに、自分で自分を規制していた。

ジタバタしていた。

う~んと、長い時間

わーっ 今となっては
返してくれ!!と言いたい位じゃ
(でもまあ、今は、これはこれで私の人生の課題だったと思えるけど)

だけど、
やっぱり、 
長~い この時間・・

親との葛藤にエネルギーを割いてしまうのは、
もったいない!!

そんなことに時間を費やしている場合じゃない!!

そんなこと、自分の息子にはさせたくないよ!

若者たちよ!!

人間関係なんて、さっさとクリアして、

これからの世界について
未来について、
社会について、

みんなが明るく幸せに暮らせるように、
明日の為の知恵を絞って欲しいんだよ~

オカンたちよ!!

これまでの”支配と服従社会”の連鎖を次世代に送らないように、
わたし達がその時感じたような、
操作され、コントロールされる屈辱を、わたし達自身が与えないように、

そのあり余る”愛情”で
子どもたちの翼をもぎ取ってしまわないように、
やる気エンジンを壊してしまわないように、
さなぎの皮をつついて破ってしまわないように、

手を取り合って、
踏ん張って、
一緒に葛藤を乗り越えていこう~

賛同者を募ります。
一緒に頑張っていかへん?

↑このページのトップヘ