2014年08月13日

イヤか・イヤでないか・・・で分ける!

親業 では 子どもとの関係を、

”今、目の前にいる子どもの行動を、私がイヤと思っているか、イヤと思っていないか”

これをもとに考えます。
これがベース。つまり 自分が基準 ということです。
そして、イヤ か イヤでない か分ける線を"受容線"といっています。

受容線が高い・・つまり イヤだ と思うことが多い。

これでもOK

問題は、自分が自分で思っている受容線と、実際の受容線がずれることです。

私が子育ての勉強をしているのは、きっと私の中に"理想の母親像"があるからで、
そんな"理想の母親"になりたいんだろうな~
母親像に縛られている自分に気づきます。

そうなると・・ずれてくるんですよ、受容線。

受容線を正しく引くことは  本当の自分に向き合うこと。
親業講座の はじめに行うこの行為でも、さまざまな気づきがあります。
そして 本当の自分を知ることは、私にとって 永遠のテーマです。



oyagyo70z at 20:07│Comments(1)TrackBack(0) 自分の気持ちを整理する 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ありのママ   2009年10月15日 20:15
ちこちゃんっぺサマ

自分がどう感じているかが
基本中のキホンって訳ね。

本当の自分を知るって
私もずっと、ずーーーっと続きそうな気がします




コメントする

名前
URL
 
  絵文字