”親業”を学んで、本当に良かったな、と思うのは
子どもの”自尊感情”を傷つけない接し方が出来るところです。

勉強が出来るのに、頑張り屋さんなのに
なんとなく自信がなくて
「どうせボクなんて・・・」
と思っている子どもが増えています。
両親の目や他人の目、評価がとても気になるようです。

”自尊感情”とは、自分の事を大切な存在だと思える気持ち。
プライドとは少し違います。
自己評価、自己肯定感とか、セルフエステュームとも言われています。

この”自尊感情”を下げないための接し方を
理論的に(なぜこの方法が良いのか)
具体的に(どのような時に、言ったり、聞いたりしたらよいのか)
学ぶので、自信をもって子どもに使うことができます。

また、時間とともに、子どもとの信頼関係が増していくことを感じることができ、それが新しい自信になっていった気がします。