最近、”わたしメッセージ”を使わなくなってきました。

正確に言うと、”わたしメッセージ”の形が変わってきました。

”わたしメッセージ”というのは、
子どもの気になる行動に対して、

「止めなさい!」と怒らずに
「~(行動)をしたら、~(影響)になっちゃうから、困るんよ(感情)!!」

というものです。

この”わたしメッセージ”、習ったときは舌を噛みそうだったけど、
とにかく効いた
最も効果があるとされる”3部構成のわたしメッセージ”を送れたときは
ほぼ100%で、子ども達は行動を変えました

その、”3部構成のわたしメッセージ”
最近あまり使っていないことに気がつきました。

なぜか?

1.わたしが嫌がる行動を、子どもはしなくなった。
  しても後始末も自分でしているので、怒る必要がない。

2.子ども自身の問題に、私自身が影響を受けなくなった。

3.わたしが、”違うわたしメッセージ”を送るようになった

違うわたしメッセージとは
「早くご飯をたべた~い!冷めちゃうよう!!」とか、
「お母さんはきれいな部屋でゆっくりしたい」
「今日は疲れて、もう、何もしたくない気分だ」 など

ありのままさん
これって、問題なし領域が広がっていったって
ことなんですかねえ?
(ちーまま)