バンクーバーオリンピックも折り返し。
テレビの前でリアル時間にドキドキしながら観るのが
大好きです。

今、この時間に、バンクーバーの空の下で
選手たちが、4年間の思いをかけて
意識を最大限に集中させている、その気迫と緊張感。

テレビの電波越しに伝わってきて、
もう、たまりませ~ん

もし自分の子どもだったら、
心臓が破れそうなくらいドキドキすることでしょう。
本当に倒れてしまうかもしれません

だけど、親も
徐々に慣れて、少しずつ気持ちが強くなっているのかもしれません。

選手のこころが 強いということは、
選手の親のこころも 強いということ、なのかな?

選手の方が皆、
悔いのないプレイが出来ることを こころよりお祈りいたします。
(ちーまま)