わたしが 受けた
親業インストラクター養成講座の 参加者の 中にも

自分の 子どもが 不登校に なったことを きっかけに
「親業」に 出会ったという方が、複数 おられました。

子どもが 不登校になって
親子の 関係を 見直し、
一から 出直す 覚悟を持って
「親業」 に 出会う方が、少なくありません。

わたしは、
できるなら 子どもが 不登校に なる前に
「親業」 を 知ってもらいたいと 思います。

ぜひぜひぜひ~

なぜなら、一度 不登校に なってしまったら、
やっぱり とても 大変だからです。

「もっと 早く、親業を 知っていたら・・・・」
皆さん、おっしゃられます。

不登校の子どもは、「学校に行きたくない」 のではなく、
「学校に行けない」 のです。

時間は 何も 解決してくれません。
親が 変わるしか ないようです。
(ちーまま)