先日、長男(中1)がわたしに”ウソ”をついた日、
その夜、夫にその事を話しました。

わたしが 長男を 追い詰めていたことは、内心ショックでしたが、
その後、長男と本音を 伝え合えた 満足感が 勝っていたので、
夫にも 素直に 話せました。

「わたしは、子どもがウソをついた時、『なんで?』って言ってしまうわ。
 逃げようとする態度が気になるの。でも あの子は、そんな 怒られ方が
 追い詰められるようで イヤだと言った・・。」
 
いきさつを 一通り 話した後、夫は こう 言いました。

「でもなあ、その怒り方は 普通やで。普通『なんで?』 って聞く。」

「ええっ?」

「普通は そんな風に 怒る。その怒られ方に”傷つく” なんて、
 そっちの方が 心配や」

「それは、社会に出ている 大人としての 立場から 言ってるのね。
 世間では そんなに神経質だったら 通用しないと。」

「そうやな。それに・・・・
 例えば ミスをしたときに、『なんで?』 は必ず聞く。」

「原因を 追究するために?」

「そうや。それに『なんで?』 は、自分の中への 問いかけになる。」

「『なんで』 『何がそうさせたのか』、ということかな。
 だけど、きっとわたしの 『なんで?』 は 詰問っぽかったと思う・・。」

「・・・・・そうやな。」

「・・・・」

二人で ハッピーターンを かじりながらの 会話でした
”わたしメッセージ”、長男に使っていませんでした(反省)
ちゃんと使わなきゃね
(ちーまま)