二男が 幼稚園に 通い出した時は、
長男よりも ずっと てこずりました。

長男は ”バス” に抵抗しましたが、
二男の抵抗は ”体操服” でした。

幼稚園には 制服があり、登園したら すぐに 体操服に 着替えることになっているのですが、
新入園児は、着替える時間を 短縮するため、体操服で 登園することになっていました。

二男は 「体操服で行きたくない」 と言うのです。
長男が 年長組に おりましたが、
「お兄ちゃんと同じように 制服で登園する」 と言うのです。

担任の先生が、通学ノートに 体操服の シールを貼るよう 工夫してくれましたが、本当にイヤイヤで・・・ 
毎日 「なんで制服はダメなの?」 と不満を 聞かされ続けました。

制服で 通わせようか・・真剣に 考えました。

そして、待ちに待った 制服登園の日。
これで 文句は ないだろうと 思いきや、予想に反し、機嫌はよくなりません・・。

結局、二男の 幼稚園嫌いの 原因も、制服ではなかったのです。

やっぱり 二男は もっと 家で ゆっくり したかったのかな?

早生まれの 二男は まだ3歳になったばかり。
2歳上に兄、 1歳10ヶ月下に弟がいて、
明らかに 愛情不足。
情けないほど いつも メソメソと 泣き顔です。

だけど わたしにとっても 一番忙しい時期でした。長男と 二男が 幼稚園に 行っている間は 少し ゆっくりできる 貴重な時間。
そのまま、だましだまし 二男を 幼稚園に 通わせました。

半年後、
その年の秋、二男は 肺炎にかかって 入院することになり、
わたしは 二男と 二人の時間を 強制的に 過ごすことになりました。

これはきっと、
入園時の”ツケ”と、それまでの育児の”ツケ”を
返せるよい機会なのだわ~

考えてみたら、二男と私の ふたりだけの時間なんて
今まで ほとんど なかったっけ?

家のことは 夫と 義父母に 完全に 任せて
一週間の ラブラブ 入院生活
思い切り 楽し~く 過ごさせてもらいました
(ちーまま)