中1の長男の 2学期末テストが 帰ってきました。
得意な 理科も、苦手な 国語も 本人の予想を 下回ります

そりゃそうだろう、勉強 していないんだから!
中学になって、彼の 家庭学習時間は (ゼロ

大丈夫?

勉強に イマイチ のらない 様子。
何か やった方が いいのかな~(揺れる母心)

夫に 相談。

「ねえ、学歴のこと どう思ってる?」
「別に、本人次第。大学とか 特に行かんで ええんとちゃうかな?」
首を かしげて 言う サラリーマンの 夫。
学歴より 本人の 資質が 何より 大切。
新人教育でも 人格育成に苦労している 様子が伺われる 言い方です。

「まあ、出ていた ほうが いい事も あるやろうけど・・・。」
「本当に そう 思っているの? てっきり、大学は 行かせたいと
 思っていると思ってたわ。」
「別に、行かんでも ええで。」
「だって、わたしより、勉強に ついて うるさいやん。
 塾も 通わせたい みたいやし。」
「あれは、親として、基本的な 学力は つけさせて おきたいから、
 言ってるだけやで。大学には こだわっていないよ。」
「そうなんや。」

夫は 子どもの勉強に熱心なので 子どもに 学歴を 望んでいると 思っていたわたし。
思い込み やったみたい。
純粋に 学力を つけさせたかったんだ・・。

「わたしは、親が かける 教育費は かけても キリが ないと思う。
 対効果が 期待できない。本人の やる気が なければね。」
「・・・・」
「親の 気休めに 教育費を かける、そんな 余裕は ないわ。
 それから、先に お膳立て するのも、イヤやな。」

わたしと 夫が こんなに 気になるのは、きっと 長男が、流され易い 性格だと 知っているからだと 思います。
口やかましく 言ってやらないと いけない タイプ。
本人も それを 自覚していて、待っている ところが あります。
元々 成績が 良かったので、”もったいない” 気持ちも ありました。

しかし、今回 夫と 話しをし、夫の 本心が わかったので、
もう少し、このまま 本人の 自主性が 出てくるまで 待ちたいと 思いました。

狭い範囲の 勉強でなく、もっと 広義の 学問の 喜びを 知るために、
自主性は 必須
ああ、やっぱり 教育ママは わたしやわ~

後は 本人次第やね
どうぞお好きなように

家族では、色々な 感情が 絡み合うので、
夫婦で 子どものことを よく話し合っておくことは、大切な事だと 思います。
(ちーまま)