休日、ストーブの前を 占領し、ボーっと していた 長男(中1)は
その後、発熱。インフルエンザと 判明。
途端に 優しくなる 母です。

いつもの 会話
「お母さん、アイス食べていい?」
「え~ それ お父さんのやから、お母さんは 知らん。」
(食べたらダメという意味)

風邪のときの 会話
「あんた、なんか 食べたいものない?アイスとかは どう?」
「別に 何も 無い。」
「アイス、食べたら?」
「・・・・・」
「アイスでも 食べなさい。(←これは言ったのを覚えていない)」

長男に 指摘されました。
「お母さん、いつもと 違いすぎ。いつもは、『アイス食べるな』、やのに、『アイス食べなさい』 やで。」
「そう?『食べなさい』なんて、言ったっけ? 『食べたら?』 じゃなかった?」
「いいや、言い方がだんだん変わって、最後には 『食べなさい』って言った。」
「ふ~ん。」
長男が そう言うのだから、そう 言ったんだろう、わたし・・・・。

そりゃあ ねえ~
いつも、いくつでも 「食べたら?」 って 言ってあげれたら
子どもたち、嬉しいんだろうなあ~

病気になった時のみ、食べ放題。
アイスも、ジュースも、お菓子も、果物も

だって、食材を 入れても すぐに なくなる 我が家の 冷凍庫。

やっぱり、食費と相談
三人男子の胃袋を 甘くみては いけません
豹変。これでイイや。

ところで、意識せずに 言ってるコトバって、こわいなあ~
ホントに そう 言ったっけ???
まあ、そう 聞こえたって ことか。
もっと 優しい つもり なのに
(ちーまま)