毎日の生活を送る中で、
いろいろな悩みはつきものです。

お金の悩み
健康の悩み
その中で 人間関係の悩みは どの位のウエイトを占めるのでしょうか?

小さい時から、親との関係に 敏感だったわたしは、
もちろん クラスの中での友達関係にも 敏感でした。

友だちとの、心理的なやりとりは、
思春期に避けて通れないものですが、
私自身がかなり消耗していた感があります。

成人してからは、
人間関係の悩みというのは、人生を大きく左右するのではないか?
そして、言葉の掛け方で、人間関係の問題の70~90%くらいは解消するのではないかと思うようになりました。

例えば、他愛もない喧嘩など、
「あんたが悪い」と言えば
「何言ってんのよ、あんたこそ悪いやん」と言いたくなりますし

「ごめん、私が悪かった」と言われれば
「そんなことないよ、私の方が悪かった・・」となるわけです。

言い方ひとつで、何とでもなってしまう?
結構大きいんじゃないかな。

就職難ですが、
せっかく正社員として採用されても、3年以内に会社を辞める人が、3割もいるそうです。

辞める前に他に方法はなかったのか?
とてももったいないです。

自分のことを 伝えたり わかってもらったりする努力を
もっとしてみても いいんじゃないでしょうか?

正しいコミュニケーションの勉強を
学校でもやって欲しいと思います。