自分を変えたい と思っていても
変われない・・・という事がある。

変わりたいが、変われない。

実は、変われないのは、
それなり に意味を持っていることが多い。
変われないのではなく、変わらない。

変わらないことで、周りとの微妙なバランスを保っている。

そこに第三者が不用意に突っ込んで
ムリに変えようとすると、
折り合いをつけていた他とのバランスが崩れて、かえって生き難くなることがある。
変わるには、
多少なりとも生じる周りとの摩擦に耐えるだけの こころの強さがいる。

だから、
変われないのではなく、
本当は変わらないようにしている場合があることに気づく。
その人にとって、意味のあることなんだから、
他人が ”あなたのために” 変えようと思うことは おこがましいことなんだと思う。

自分の居場所の中で、とりあえずなんとか溶け込んでいる状況を変えないために、
変わらないことを選んでいる。

そうすると
変わりたいのに変わらない自分が、
本当はさほど変わりたくないのかもしれない、などと
一向に減らない 夫とわたしの体重計のメモリを見ながら、考える。