夏休み恒例の、地域での 中学PTA懇談会。
保護者と 教頭先生他 数十名が出席。
学校での生徒の様子の報告の後、学年に分かれて 意見交換会をする。

わたしが住んでる兵庫県西宮市では、今年の中学1年の高校入試時より、入試制度が大きく変わることが決まっている。

夏休み前の、担任の先生、保護者、本人のいわゆる3者懇談でも、学力面の指摘が多かったが、
その為の準備として、例年よりしっかりと 学習指導をしているとの事だった。

初めての期末考査で、緊張し、頭が真っ白になってしまったという二男(中1)の点数は 散々で、
だけどそんな言い訳は 先生からピシャリとはねつけられ、
わたしとしても、かばいようがない程だった。

まあ そういうことだから、今からしっかりと勉強するようにと、今回も熱が入る。
頭が前のめりになるように やや怖い顔をして 真剣に聞いているお母さんたち。

「宿題は、8月1日までにやるように、生徒たちには言っています。学習指導内容については それぞれに配っていますが、見ていただけましたか?家でも、しっかり指導 お願いします」

うんうんと、一斉に頷く 心配顔。
しっかり 言わなくっちゃ という意気込みがムンムンしてくる。

「そして、宿題が終わった後は 何でもいいので、自分から取り組んで課題をさせてください。”自分から” ですよ。」

なるほど。勉強も自主性が大事だから、それも 出来るように指導して、と言う訳ね。
大きく納得する 保護者。

中3の夏を過ぎてから エンジンがかかって 第一志望に合格したという 親業の受講生のご子息の例を いくつも知っているわたしとしては、
親子の 健全な関係と 本人の”やる気”こそが 全てと心得ている。

不安気な母親たちの表情と、二男の級友たちの顔が なんとなく頭に浮かびながら、家路に着く。

さて、我が家の二男はクラブに夢中。やる気が みなぎって楽しい時だ。
確かに勉強も心配だけど、今はこの集中力とがんばりを 大事にしたい。
集中力さえあれば・・・後はそれを学習面にスライドすればいいんだから!

「先生が、8月1日までに 宿題を終わらせるように指導してるって、言ってたよ。」

それだけ伝えておこう。

それにしても、8月1日までに あのボリュームの宿題を終わらせて、それ以降は子どもが自分で勉強をするのを見守る・・なんて、
それは母親のやることが、真逆ではないのか?

子どもはそれまで、さんざん勉強しろと尻を叩かれているのなら、
その後 自分から、勉強をやろうと思うだろうか?

う~ん
上手くやるには、結構、コミュニケーションテクニック要りますよ~きっと