なぜ、こんなにたくさんの コップを
毎日毎日せっせと洗わなければならないのか。

しかもガラス。高さがあって奥まで洗いにくい、お客さん用。
えっ?お客さん??来てた?って
来てないヤン!!

要するに、子どもたちがガラスのコップで 麦茶を飲んでいるのだ。

夏休みは5リットルのやかんで 麦茶沸かしている。一日何回?せっせと煮出す。

それにしても、食器棚のコップ、マグカップも全部 流し台に移動しているではないか

そうだ!わたしメッセージ!
「ガラスのコップを使わんとってよ」 あっ、これは、あなたメッセージね。

「ガラスのコップは、洗う時に、軽い汚れでも スポンジに洗剤つけて 中に手をくーって入れて 洗らわなくちゃきれいにならないんよね。毎回こんなにコップ 洗わんといかんのなんて・・うんざりよ」

わたしメッセージだと、こんなもんかな?ちょっと非難がましい?
そうだ、第3法を使ってみようかな?前にも わたしメッセージを言ったことあるし・・。

「コップのことで、話があるンやけど・・・」

3人の子どもがいる前で、こう切り出してみた。
さあ、紙を用意して・・・
すると、
「ボクはいっつも洗ってるで」 二男。たしかにコップを拭いている姿を見たことがある。
「ボクは大きな透明のプラスティックのコップひとつだけ」 と長男。ああ、あれね。
二人の視線が 一斉に三男に向かう。

バツの悪そうな、三男。
第3法は決裂・・・というか、
まあ、ガラスのコップで美味しく麦茶をのんでも、それもまたいいか。
ちゃんと解決していないんだけど、それでもなんとなく、気分が軽くなっているわたし。