子どもが 何か 親にとって 悪いこと(?)をした時、
親が良く言うセリフ・・

「『ごめんなさい』は?

怒り口調の お母さんに、
子どもは 渋々、
「ごめんなさい

明らかに、本心で謝っている様子ではなく、
まるで、
「こんなん 言いたくないわ~」 とでも 言いたげな
ふれぶてしい その口調は
それを聞くお母さんの怒りを さらにエスカレートさせ、

「何よその言い方

いやいや、お母さん。
子どもに 「ごめんなさい」 を言わせたのは あなた。
子どもは、ちゃんと あなたの言うことを聞いていますよ。

それとも、本心からの 「ごめんなさい」 を
言って欲しかったのかしら?
それなら
この方法では難しそう・・・

「『ごめんなさい』は?
では、
たとえ 謝ろうと思っていても、言いたくなくなってしまうでしょう。

こころからの 「ごめんなさい」 は、すぐに分かります。

「ごめんなさい」 と素直に言える子が、少なくなっている気がします。
「ごめんなさい」 は、「負けました」 の意味ではないのにね。