主婦ドックの健康診断で
初めて 胃カメラで 自分の 胃袋 を見た。

「だいぶ荒れてますね~」

最近は、とくにストレスなどなく
普通に すごしていたので、
先生の一言は 意外だった。

モニターをみると、ビロビロと、ひだになったような 薄ピンクの わたしの胃袋が 映っていた。
先生が 青い液をかけた。
胃の中にそれは 一瞬で広まり、胃の表面の模様が 鮮明に浮かびあがる。
小さな楕円形の 模様のない部分が 2箇所ある。

「これは、異常ないでしょうが、一応組織をとって検査をしてみますね。」

ええっ 切るの?
大丈夫って言ったのに?

小さなハサミが 胃の表面をつまみ、ブチッ
バッっと 血が吹き出る。

2箇所目も・・・またやるの?

なんだか、シクシクしてくる。

他には 特に 異常なく、
無事終了。

器官に管を通すのは、不快感MAX。

ストレスは ありませんか?
「胃炎だと聞いたことが ストレスです。」

検査後2時間は 飲食禁止。朝から絶食で、胃カメラで注射、麻酔・・。
気分が重い・・フラフラ・・それに組織をとられた。

可哀想な わたしの胃袋

ああ、これからは、もっと胃に やさしくしよう。
空きっ腹の冷たいビールは、控えよう。
食べ物は 良く噛んで。

百聞は一見にしかず。
実際に見たり感じたりすることは、とっても大切なこと。
体験こそ 生きた学びなり・・・実感。