幼い時から、
誰かに ”強要” されることに、とても敏感だったわたし。
気持ちや考え方を 指導されても、
完全に 上の空だったし、さめていたし、
それは、他の何者にも コントロールできない
”自分”というものが
確かにあると、意識していたのからかもしれない。

”自分”は、わたし自身にも、コントロールできる物ではなく、
ましてや、親の強烈な圧力にも 決して屈しない 頑固なものだった。

でもそれは、決して 「何が何でも自分の思い通りにしないとイヤだ」 というワガママでいうわけではなく、
ただ、”自分自身” は その存在を 否定 されなければ、
あわよくば存在を 肯定 してくれれば それだけで満足する、とても単純なもののような気がする。

それさえしてくれれば、本当に聞き分けの良い、いい子だったんだよ、わたしは。

でも、それが わからなくて、
こころを強要するような、態度、言葉、ガンジガラメ には、
強く反発、抵抗してしまう。

わたしは 誰のモノにも なりたくない。
わたしは、わたしでいたい。

ただ、わたしは自分と同じくらい、他の人にも敏感で、
争うことが とても怖かった。
特に親には弱い。

親の意に添えない自分を、わたしは何度 「親不孝な娘」 と責めたことだろう。

親業に出会って、わたしは救われた。
わたしが 自分の考えや行いは、他人から強要されるよりも 自分でよいと思ったことをしたいと思うことは
人として普通のことである、とあった。

ちゃんと言ってくれれば、他人を理解し、その人の為にできることはしたいと、思っていること。
また、わたしが一番のぞんでいた、”ありのまま” 受容されたい気持ちも 当然のことだった・・・そうだ。

そして、親が娘の為にと、毎日毎日非難、命令、説教、指示したことは、岩の上に落ちる水滴のような、目に見えない破壊的な影響をわたしに残していた・・らしい。本当にそうだ。わたしはかなり 自尊心が 低い子だった。

自分が生きてきた中で、常に抱えていた 矛盾、葛藤

親の 愛情を 望む火の玉のような 激しい感情と、
全てを 支配されそうな 親の 迫ってくるような愛情の 窮屈さの
2つの正体がわかった。

人間というものの本質、わたしの抱えていたものが、全て 異常ではなく 皆 多かれ少なかれ 持っている 感情であるとわかり、本当に 救われた。

やっぱり、わたしは、普通だったんだ。
自分を強く 肯定できた。
自分の中で 渇望していたものが 何であるかはっきりとわかったこと、
自分に足りないものが 何であるかわかったことは、
それからの 人生を はるかに生きやすくしてくれた。

そして、これから、どう生きていくか
それは わたし次第。

親業に出合った事、偶然にも引き寄せられたことは
全て大いなるものの お導きのように感じる。
全てを肯定できる。
本当に 感謝している。