今朝、玄関の上がり口のところに、
プリントが2枚、

ハラリと置いてあった(親業を実践している人は、”ポイとほったらかしにしてた”とは言わない)。

どうやら二男(中1)が登校前に、カバンから出したものらしい。
見ると、学級通信で、今度の駅伝大会のクラス代表メンバーが載っている。

8人のクラス代表の選手名の中に、二男の名前がある。
暫く目が 釘付けになってしまった。
嬉しくて・・・ではなく、
心配で

二男は先天的に心臓の壁に孔がある。
学校にも知らせている。

手術はしていない。薬も飲んでいない。運動制限もない。
一応、日本で一番有名な心臓の病院で 定期健診を受けていて、
心臓病なんていうと、皆に びっくりされるんだけど、
その病院では、二男の心臓の孔など、きっと ”虫刺され” くらいな扱い。
(本当に大変な心臓病の方が、何人も入院されています)

主治医の先生からは、
「何でもやって~」 と軽く 言われている。

なので、今までも マラソン大会には、皆勤している。
それで 二男は、結構 はやい

それで、駅伝の選手に選ばれてしまったんだあ~

なんだか、フラフラになりながら、クラスメートの声援を受けて
苦しそうに走る 二男の姿が 頭に浮かんでくる・・・

うーん、学校に電話して、選手はやめてもらうように言おうかな?

駅伝だから、走る距離が違っていて、二男は2400M。
なぜ1500Mではないの?一番長い3200Mではないけど、せめて1500Mだったら・・。

そういえば、この前
「駅伝キツイわ~」 なんて、言ってたっけ。
毎日クラブで走っているから、さして 気に留めなかったけど、
もしかして、このことを言っていたのかな?

あっ 思い出した、昨日も、「駅伝の選手になるかも~」 なんて 言ってたような・・。
長男(中3)はマラソンが遅く、駅伝なんて関係なかったから、
何のことだかわからなくって、

二男の 平均点割れの 期末テストの結果ばかり 気になっていた・・・

サイン出していたのに、聞けてなかったんだ・・

・・・・・・(ショック)

なんだか 一度気になってしまうと、ウーンと 気になる。
気になって仕方ない。

気になるのは、なに?・・・

えーっと
えーっと

・・・・・それは、”限界を超えて頑張ってしまうこと”。

そう、それで、万が一、心臓が破れて倒れてしまたら困る。
(心臓がドバーっと破れて、血がダラダラ流れている二男のイメージ図が浮かんでくる)

キャー

そうだ、
「適当に力を抜いて走りよ」と 言っておけばいいんだ
ウン、ウン。

とりあえず、今日二男が帰ってきたら、
駅伝の話を聞いてみよう。