片付けが 苦手なわたしは、
スッキリとした 家の中に 憧れている。

でも、なかなか スッキリとならない。
なぜ?
それは、至極明快。

散らかす量が 片付ける量より 多いから。

片付けが苦手な人は、持ち物を 減らせば良いそうで、
例えば 一年使っていないモノは 不要なものとして、処分せよと書いている本もある。

・・・で、2回ぐらい 処分しかけた クリスマス用の食器。

何かのきっかけで 買ったのだけど、もうそれも 思い出せない程、思い入れも何もない。
2客しかないし、
マメに ”お茶” する・・・なんて 洒落たこと、
できない。(やる気がないとも言う)

カップやお皿は いつも同じものを使っていても 平気で、
ちょっと別のカップを使おう、なんて 面倒くさいことは 考えない性格。
出すのも 片付けるのも 面倒くさい。
実は、そんな こころの余裕がない。

そんなこんなで、捨てられそうになった カップなんだけど、
この前、
台所の 食器スペースの レイアウトを変えてみたら、
それ以降、毎日のように使っている。

「あれっ クリスマスやん!」

朝のコーヒーを このカップに注いで、夫に出すと、すかさず子どもが反応した。

実は、戸棚の上の、一番使いにくいスペースには、今まで 調味料やら 麦茶やらが 置いてあったのだけれど、
それを一掃し
喫茶店の様に、カップ&ソーサーを ゆったりと 置いてみた。
クリスマスのカップ。今まで ほとんど使わなかったけど、これも置いちゃおう!

安物でも、そこはシーズンモノ。
やっぱり12月になると、クリスマス柄はポイントが高く 気分が上がる。

捨てられそうになったのに、命拾いしたね。よかったね。

その他、戸棚の一番 隅っこに 締まっていて、
めったに 使わなかった”パン焼き機”も
ほとんど 出しっぱなしのように、手軽に使えるスペースを 確保してみた。

それから、
パン焼き機は、何度かせっせと 仕事をして、我が家は 時々パンの焼ける なんとも美味しそうな匂いに包まれている。

親業にも、”環境改善”という 項目があるが、
子どもが育つにつれて、生活リズムやパターンが変わるので、
わたしは”環境改善” が大好き!

環境改善の極意は
楽しんで、苦なく できるようになること。

そのために、知恵を使っている時
ひらめいた時、
そそくさと、環境を変えて
家族に ”ドヤ顔” しているわたし。楽しい

なんたって、食器を使い分けたりしてるわたしって、
ちょっとすごいヤンって
今までの自分から、ちょっと進歩を感じるから