新しい年になりました。
皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

冬休みもあと少し。
今日は、我が家の3×♂息子の近況を 報告させていただきます。

まず、長男。
中3の彼は、ハッキリ言って、受験生であります。
相変わらず、家で過ごしていて、塾には通っておりません。

志望校は、ランクとしては”まずまず”のところで、親としては不満はありません。
2学期の期末テストで 評価を2ポイント上げました。
多分、頑張っているのだと思います。

しかし、家でのほとんどの時間を リビングのソファの上で過ごすので、
全く勉強しているようには見えず、
その姿を見るのが わたしとしては何だかしんどくて、

(わたしは元々ガンバレ世代で育っているし、
 どう考えても中3の時のわたしはもっと真面目に勉強していたと思うんだな・・・)

彼ののんびりした思考が 理解できず
これも、今までの過保護のせいか? わたしがお膳立てするのを待っているのか?
もっと母親がお尻をたたいてあげねばならぬのか??? 彼の為に?
いやいや、彼の人生。自分で頭を打たねばならぬのだ・・・ 彼の問題。ほっとかねば・・・・

などと、悶々としておりました。

が、結局、夏期講習にも行かず、冬期講習にも行かず
それは、自分のペースで集中して勉強したいのだと思い、
志望校も無事に決まったことだし、
学校では頑張っているという 担任の言葉を信じ、
やっぱりここは彼の人生。オトシマエは自分でつけたら それでいいやんか、
ナンか文句ある?と
残り2ヶ月
100%の信頼で、彼に任せようと
母も肝っ玉を太く、成長する機会を得させてもらったのでした
入試は彼の人生。彼の問題。
きっと長男は自分で自分の問題を解決できる

さて、もともと 真面目な長男と違い
少しオレ様キャラの 二男(中1)。
”上からことば” に敏感な彼は、一言に気を遣う相手です。

ひょっとしたら、親の言う通りになりそうな 長男 と違って、
二男は手ごわい。融通が利かない。
なので中学に入ってからも、あまりあれこれ言わないで、好きにさせておりました。
仲のいい友達に囲まれて、
相変わらずのマイペース具合。毎日楽しそうにクラブに行きます。

定期テストの点数は、惨憺たるものでしたが、
2学期の後半ごろから、数学と英語が、どうも苦手だと自分で気づき始めたようです。

対策を話し合った結果、とりあえずわたしが彼の通信講座の丸付けをすることになりました。
一学期に遡って溜め込んだ数学の問題集の採点すると見事にわかっていない箇所が見つかり
だけど、クラブで疲れている二男は、やる気が続くのは3日程度。
でも、やればできる子だと子どもを信じ、子どもにもそれを信じさせて
本人の乗っているタイミングで接するようにしています。

時々、思い出したように、勉強をするようになり、
また、わたしの”いつやるの?”の声かけにも 素直に反応してくれます。

二男とは、小さい時から 何度も会話がかみ合わないことがあり、
言ってることが伝わらない もどかしさ、
感情的になればなるほどチグハグな会話にはまり、関係が絶望的になる体験をした”手ごわいヤツ”。

”わたしメッセージ” に何度も助けられました

無意識的に彼への言葉遣いに 気をつけていたのでしょうか、
今となっては、子どもたちの中で、一番素直な気がします。
”親のちょっと煙たい話” も、とても普通に聞いてくれるのです。

本当に助かります。

三男(小5)の近況については、また次回に。