”人のコトバを鵜呑みにしてはいけない”と気づいたのは
もう相当に大人に近くなっていた頃だと思う。

それまでは、そんな事があるなんてわからなかったから、
いつもコトバどおりに解釈していた。

「アカンなあ」と言われれば、「ああ、アカンのや・・」
「出ていけ」と言われれば、「ああ、出て行かなくちゃ・・」

正確には、親のコトバは抽象的なコトバが多かったから、親の真意がわからなくていつも解釈に苦労していた、いう方が近いかもしれない。

「こんなんで、どうすんつもりやねん!」
「わかっとるんか!」

「????????」

ここで安易に返答してしまうと、怒りを増殖することになるということは、さすがにすぐに覚えたから、
「どうする?と言われても・・・・」
「それは、わかってるつもりだけど・・」
なんて、絶対に言ってはいけない。

「今のは何と言う意味ですか?」
「私の○○という行動について怒っているんですね。心配しているんですね。」
なんて、今だったら言えるかな?なんて思うけど(多分絶対に言わない)

だから「黙ってたらわからへんやろ!」と言われても、黙っているのが正解。
挑発に乗ってはいけない。子どもに発言権はないのだ。
唇をつぐんで時をまつ。

30分ほどそのままにしていれば、解放される。

その30分間、親からは、ぼーっとしていたように見えたかもしれないが、頭のなかは
「?????????」だらけ。

気の効かない娘と言われようが、何を考えているかわからないと言われようが、他に方法はない。

高校生になったある日突然、私の同級生が、自分自身のことをしっかり見据えて将来を語る姿に、驚いた。いつの間に、こんなに精神的に成長していんだろう・・。
視野が違う。住んでいる世界が違う。わたしはずっと家の中に住んでいる。親の目を気にし続けて、それだけで精一杯。自分の中に起こる大きな葛藤を処理するのに精一杯だったんだ。

同級生の後ろに見えた翼が眩しかった。でも自分の背中には翼がない。もぎ取られているみたい。悲しかった。どうしてこんな風になっちゃたんだろう・・・。

両親のコトバの影響をもろに受けて、息苦しかった家。
親はあり余る強い愛情と愛着を、そのまま子どもにぶつけていた。

親業を知り、両親が単にココロをコトバに変換する能力がないだけだと知った時、
今までの”自分のいたらなさ”から解放されたように感じ、救われた。

ココロのしくみ、怒りのしくみを知るだけでも、自分の中に何が起こっているのかがわかり、平静になれた。
自分で自分を責めることも減った。
更に、訓練をして、日常的にココロをコトバにそのまま変換できるようになると、相手の反応が明らかに変わった。自分に協力なんてみんなしてくれないと思っていた。私のことなんて誰も気にしていないと思っていた。ちょっと違うみたい。嬉しくなってきた。徐々に相手を信じられるようになった。

愛情が、暴力になって、愛する子どもを傷つけてしまわないように。