2014年03月01日

”いたずら”と”いじめ”を混同する息子を見守りながら

こんにちは。

昨日の二男の事件のショックから疲れが取れていない
フラフラ母ちゃんの浦入です。

昨日の昼休みに、二男が友達にした”行為”

夜、帰宅した夫に、その”行為”を話すと、夫は一言、
「それって、”いじめ”やないか

同感、同感。
事件の後では、なお更そう感じます。そう言われても仕方ない行為です。

二男 「違うよ」
私 「じゃあなによ」
二男 「・・・いたずら」

はあ??????(ブチブチッ←切れる音)

「いじめ」 と 「いたずら」 の違いの定義を、今更このアホ息子にしないといけないのか?
わあ~情けなさ過ぎて、クラクラしてくる

イヤイヤ違う。そんな言葉上の定義なんて、二男は知ってるはず。(切れたのを繋ぎあわす)

問題は、相手と自分では”感覚”が違うんだと、
本当に思えているかどうか・・なんだよね。

二男が 「いたずら」 で済まそうとしていた”遊び”が
相手にとっては、それを大きく超えていた、という
その事実を
二男は、気づいていなかったんだ。
(いや、もしかしたら、薄々気づいていたけど、一緒に遊びたい一存で、得意の笑顔で笑い飛ばそうとしていたのかも?・・・これは母の推理)

自分の親しい友達の価値観、感覚が
自分と違うって、
一見、誰でもわかっていそうだけど、

でも実は結構、ムツカシイ技術だと思うの。

仲の悪い人と感覚が違っていても、気にならないけど、
仲の良い人とは感覚や”ノリ”が一緒だと思いたい

仲良しの人と、価値観、好みが一緒だと、楽しいし盛り上がるよね。
だから、好きな人には特に、
無意識的に自分と同じ様に考えちゃう傾向があると思うの。

仲が良いから、ムツカシイ。

わたしは昔から、
親しい仲になればなるほど、急に相手の嫌なところが目に付きだして、
批判しちゃうのは何故だろうって、
ずっと思っていた。

それで、自分の中に、

私の事を完全に理解して欲しい、
私と同じ感覚を持って欲しい、

という気持ちが出てくることに気づいたの。

だから、そうならないから、腹が立つのよね~
いつの間にか”理想” を求めてしまっていて、腹が立つの。

このことについては
子育てのミッション遂行中に、何度も何度も考えたな。

仲が良いほどムツカシイ。

相手への深いレベルの尊重と、
自己表現がないと、難しいよね。

どちらも自立してないと、本当に仲良くなれないんだよね。

いやいや、

違う

違うわ

本当に仲の良い関係から
双方が自立していけるんだ。

そうだそっち。

二男はどうなのかな?

oyagyo70z at 15:55│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字