昨夜、三男の通う学習塾の先生から、突然電話がかかってきた。


「今日、塾に来ていませんでしたけど、何がおありでしたが?」

えええ?
午後から出かけたから、当然行っていると思い込んでいたのでびっくり!
どうしたんだろう?さぼり?イヤになった?
うーん・・・

三男はその時、卓球クラブに行っていて 不在。
取りあえず、わたしが宿題をとりに行き、先生と話した。

「最近、宿題が出ていません。お母さん見てくださっていますか?」

えええ?それも知らなかった。

塾の先生は、親が勉強にかかわることの大切さを私に力説。
でも、話は長引く。
母親にカミナリを落とされて、子どものやる気を失ってしまうのが 怖いみたいだ。
わたしが三男にどんな風に言うか、気になるようだったので、
「大丈夫ですよ。任せてください。」と言ってみた。
そしたら少しだけ安心そうな顔をしたのだけど、まだ話は続いた。
それがまずかったのかなあ?
(「私の対応が気になるんですね」、と言えばよかった・・?)

うちに帰ると三男が帰っていた。

さあ、何て言おうか?

取りあえず、何も言わずにじっ~と見た。
宿題を持って、仁王立ち。
怖そうな顔をしている母親をみて、三男はすぐに事情を察し、反省モード。

わたしは最初、三男が塾に行くために「行ってきます」と言ったと思い込んでいたから、
だから、まずはそこを確認。

「なんで行かなかったの?」

この質問をすると、普通、事態は最悪になる。
だから、注意が必要だ。
過去にも、何度もこの「問題解決に全く意味をなさない」言葉を使ったために、
状況は最悪になり、無駄な時間を過ごした。

忘れていただけだとわかった時点で、ひっこめるべきなのよね。

だけど、やっぱり気になって
言っちゃう! 

「なんで?????」

でも、これは本当に子どもを追い詰める。

それは、子どもに「なんで?」に答えるだけの理由がないからだ。
単に忘れていただけ。

だから「なんで?」と聞かれると、「ありのまま」の自分を否定されてしまう。
そして、「なんでだろう???」と、自分に問いかける。
子どもの頭は答えの出ない問いかけで、無限ループに陥り、グルグルと周り続けて消耗する。
そして、
「自分が悪いから」という答えを導きざるを得なくなる。

とっても危険な言葉。

逆効果は言葉は他にもある。
塾のたまった宿題も、
「どうするの?」
よりも、
「いつするの?」
の方が、多分ずっーと、いいと思う。
「どうするの?」と言っても、きっとどう言っていいのかわからない。目の前の母親は怒っているし、
自分も悪かったと思っている。 「どうするって言っても・・・」

宿題をするのが前提だったら、「いつするの?」の方が答えやすい。

昨夜の我が家の場合では、

「明日中に全部やってね~」という事にしておきました。
これでOK。本人も納得。ついでに来月の目標も提示!エヘヘ

子どもには、理由なんてなくても、”やっちまったこと”、はたくさんあって、
それにぐずぐずと怒っても、逆効果!

反省させなきゃ と思って母親が頑張っても、本当に労力のムダ~

それよりも、やるべきこと”を指図してオワリにした方が、ずっといいのです。
これは、問題なし領域で、本人も自分のミスを認めているとき。

そして三男は、先ほど「全部終わったよ~」と宿題終了の報告をしてきましたよ~